濁音の例文や意味・使い方に関するQ&A

「濁音」を含む文の意味

Q: 濁音、半濁音 とはどういう意味ですか?
A: 濁音
ばびぶべぼ など「 ゛」を付けて読む音のことです。

濁音
ぱぴぷぺぽ など「 ゜」が付く音です。

「濁音」の類語とその違い

Q: 濁音 と 不吐气音 はどう違いますか?
A: 日本語の濁音は、声帯を震わせることによって生み出されるので、息を吐くかどうかは、全く関係ありません。喉に手を当ててみるとわかるかもしれません。母音なしで、不吐气音(無気音)の子音だけを発音した場合、喉を振動させずに発音することができますが、濁音(有声音)の子音を喉を震わせずに発音することはできません。

「濁音」についての他の質問

Q: 濁音の前には、促音があるの可能性がありますか。
例えば:
一方_いっぱん (っ+ぱ_半濁音)
一般_いっぱん (same)

いっばん(x)
一番 いちばん (ち+ば, no 促音)

そして、濁音の前には、促音があリませんか。
よろしくお願いします。
A: わたしが今、思いつく限りでは、借用語以外には無いと思います。ただ、そのような定説は聞いたことがありませんし、100%無いとは言い切れません。「ほとんど無い」と思っている分には問題ないと思いますよ。
Q: 濁音に関する質問です。濁点をつける基準よくわからないです。例えば「羽田はねだ」と「成田なりた」、「立川たちかわ」と「品川しながわ」、どういう時濁点をつけるのでしょうか。
A:
連濁を阻止する条件

連濁はどの複合語にも必ず起きるわけではなく、さまざまな条件によって阻止される。しかし、どの条件にも例外があり、また条件を満たしていても連濁の起きていない語も多い。そのため、少なくとも現代語では、連濁が起こるかどうかは完全に予測できるものではない。以下に主な条件を挙げる。

語種による制約

連濁を起こすのは原則として和語であり、漢語では稀、外来語では極めて稀である。すでに和語の例は示してあるので、ここでは漢語と外来語の例を示す。

漢語では、一般化・日常化した一部の語は連濁を起こす。

かぶしき + かいしゃ → かぶしきがいしゃ(株式会社)

ふうふ + けんか → ふうふげんか(夫婦喧嘩)

の + きく → のぎく(野菊)

西洋からの外来語はほとんど連濁を起こさないが、比較的早い時期にポルトガル語などから入ってきた、外来語と意識されにくい語では連濁が起こることがある。

あま + かっぱ(葡: capa) → あまがっぱ

いろは + かるた(葡: carta) → いろはがるた

ライマンの法則 (Lyman's Law)

複合語の後部要素にもとから濁音が含まれている場合、連濁は起こらない。

はる + かぜ → はるかぜ *はるがぜ

おお + とかげ → おおとかげ *おおどかげ

ただし、まれな例外として「なわばしご」などがある。

なお、この法則はB. S. ライマンが1894年に独自に見つけたものとして、この名で知られているが、実際には再発見である。すでに18世紀に、賀茂真淵[2]と本居宣長[3]がそれぞれ独自にこの法則を発見している。

また逆に、前部要素に濁音がある場合に、後部要素の連濁が起こりにくくなる傾向がある。

しばた(柴田) ⇔ しまだ(島田)

ながしま(長島) ⇔ なかじま(中島)

ながた(永田) ⇔ なかだ(中田)

大和言葉には基本的に濁音を二つ含む語幹は存在しない。

枝分かれ制約

3つ以上の語が複合した語において、右分かれ構造の構成素の中で左側(最初)の要素においては連濁は起こらない。

「おじろわし」(尾白鷲): [[お + しろ] + わし] (尾が白い、鷲)なので濁る

「もんしろちょう」(紋白蝶): [もん + [しろ + ちょう]] (紋のある、白い蝶)なので濁らない

意味による制約

前部要素が後部要素を修飾しているのではなく、両者が意味的に並列である場合 (dvandva compound) には、連濁は起こらない。

くわずぎらい ⇔ すききらい

やまがわ(山に流れる川)⇔ やまかわ(山と川)

その他編集

名字では、連濁する場合としない場合の両方があるものがある。東日本で連濁することが多いと言われている(東日本では「やまざき」、西日本では「やまさき」)。

連濁を起こす語は、そうでない語に比べアクセントが平板になる傾向が強い。

サ変動詞の"連濁"

漢語などに由来するサ行変格活用の動詞でも、連濁と同じように「ずる」となるものがある。これは「感ずる」「演ずる」「講ずる」「報ずる」のように、ンまたはウで終わる漢字1字からなるものが多い。

これらの元来の発音はnまたはm(ン)、ng(ウ)という鼻音であり、これに引かれて次のスが濁ったのである。

これらは現代ではサ変活用の意識がなくなってしまい、「感じる」のように上一段活用にするのが普通になっている。

なお和語でも「疎んずる」などの例がある。これは「疎みする」が撥音便で「疎ん-」になり、これによりスが濁ったものである。
Q: I'm practicing 濁音.
Please help to write down what you heard. Using 平仮名 is great.

And please tell me which words are hard to distinguished. Thank you.

A: 1.しょうたい
2.したい
3.しょうたい
4.したい

に聞こえます!
Q: Somebody told me濁音 (ご for example)have two versions of pronunciation and youth prefer the first one. Does it right? Do I read exactly?
A: Yes, you are right. And your pronunciation is perfect.
Music or Japanese language teachers sometimes say the latter sounds beautiful, but I think it sounds unnatural and a little bit snooty.
Q: 濁音は、低音で発音する場合だけに出るのでしょうか?
声調を上げると、どうしても濁音は言い出せない気がしますね。

また、そのため、「でん」を、声調を上げながら、4回読んでみました。

1つ目は濁音、あとの3回は清音なのでしょうか?

教えてください。お願いします。
A: 私は、4つとも濁音に聞こえます。

「で」と「て」の場合、「で」は子音と同時に母音を発音するのに対して、「て」は子音を発音した後で母音が入ります。
ですから、「でーでーでーでー」と発音すると、母音がつながって聞こえるのに対し、「てーてーてーてー」と発音すると、母音が切れて聞こえます。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

濁音

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問