火元の例文や意味・使い方に関するQ&A

「火元」を含む文の意味

Q: 火元への燃焼源を断ち、適切な消火剤を使用して消火する。 とはどういう意味ですか?
A: 火元は火が発生している場所。
燃焼源は"燃えているもの""燃料となっているもの"という意味だと思います。

「火元」の類語とその違い

Q: 火元 と 発火源 はどう違いますか?
A: 火元=火事を出した家。出火した場所。
例:Aさん宅の台所が火元
○○工場が火元

発火源=火が発生した場所、物。
ガスコンロ、石油ストーブ、電線の絶縁不良によるショート、可燃液体容器が帯電して引火、タバコの火の不始末など。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

火元

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問