炒るの例文や意味・使い方に関するQ&A

  • 「炒る」の類語とその違い

    1. 類語
    2. 「煎る」には「水分を取り除く」ニュアンスがあります。例・・・豆腐を煎る 一方、「炒る」は「水分の多く含まれないものを火を通すことで香ばしくする」というニュアンスがあります。例・・・豆を炒る、ゴマを炒る 一応違いはありますが、厳密に区別できる日本人は少ないと思います。

    1. 類語
    2. 炒ると煎る では、ほとんど同じで、 ゴマや豆などを、油をひかずに ゆっくりと加熱して、水分を飛ばしたり、香ばしい香りを出させる事を言います。 炒める(いためる)は、普段の料理でフライパンなどに油をひいて、野菜や肉などをサッと火で料理する事を言います。

    1. 類語
    2. 同じ単語で、さらに「熬る」という字もあります。が、料理本でも書き分けているのを見た事がありません。 一応、「煎る」で熱して水気を飛ばす、「炒る」は油でいためる、「熬る」は焦がして煮つめる、を強調する用法はあります。 しかし「炒る」は「炒める」と同じ動作ですし、「熬る」は「煮る」と同じなので、「煎る」だけで充分なのです。

    1. 類語
    2. 炒る」はふつう、油を使わずに鍋で焦がすことを言います。 「炒める」は、油を少し加えて焦げないように熱を加えることを言います。 ただし、「炒る」を「炒める」の意味で使うこともあります(逆はありません)。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

炒るの前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。