父権の例文や意味・使い方に関するQ&A

「父権」についての他の質問

Q: 父権社会とは、父親や男の子が色々な事について、権利を持っていると言うような事です。この作文は、日本の女性に対して差別に注目します。日本が世界の一つの現代的な国でも、なぜそんなに後ろ向きに考えているのかは大切な質問だと思います。
日本の父権社会のせいで、出生率の低下をふえてきたと思います。なぜなら、理不尽な産休育休理など女性の働くかんきょうは悪化をたどっているからです。日本の社会では結婚した後で仕事をやめて家族を世話しなければならない期待があります。女性が仕事と出産を両立できないから、ーつあきらめると言われています。その結果、一生けんめいキャリアで最初に成功して、ちゃんと夢を叶ってから結婚して主婦になると思っている若い女性が沢山います。 この表現は自然ですか?
A: @yinsta124
父権社会とは、男性が様々な事において女性よりも力を持っている社会のことだ。このレポートでは、日本の女性に対する差別に注目する。考察すべき重要な問題は、なぜ日本が技術的に発展した国である一方で、そのような後進的な考えをもつかということだ。

日本の父権社会は、出生率の低下を招いてきた。なぜなら、産休や育休などの女性の職場環境が悪化しているからだ。日本社会には、女性が家庭を持った際に退職をのぞむ傾向がある。これは、女性が家庭と仕事の両立することが難しく、結果的に片方を諦めなければならないからだ。それゆえ、多くの若い女性が、結婚の前にキャリアを積み夢を実現させることを望む。日本人女性の年収は、子供ができたあとに急激に落ち込んでしまうため、キャリアを築きたい女性は結婚と出産をためらってしまう。職場ではマタハラも起こる。マタハラとはマタニティハラスメントの略で、働く女性が妊娠により退職を迫られることを指す。マタハラを経験したある女性は妊娠が罪であるかのように感じ、妊娠をしなければよかったとすら感じたそうだ。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

父権

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問