環境の例文や意味・使い方に関するQ&A

「環境」を含む文の意味

Q: 環境ときたね。 とはどういう意味ですか?
A: 책을 안 읽은 변명을 한 남자애.
그 애를 보고 "이번엔 환경 탓이라고 하네~ㅋㅋㅋ" ←이런 느낌입니다.

설명 잘 안 돼서 죄송해요ㅠㅠ
Q:環境依存」 とはどういう意味ですか?
A: そうなんですか。驚きました。
Q: 環境に気を配った建物が増えている。 とはどういう意味ですか?
A: Environment-friendly buildings have been growing in number.
Q: 環境問題は、人間にはそれほど問題にならない とはどういう意味ですか?
A: 環境問題は人間にとっては、大きな問題ではない(が、他の生物にとっては大きな問題となりえる。) という意味です。

「には」の部分に人間にとっては~でも、他のものにとってはそうではない、というニュアンスが含まれていると思います。

「環境」の使い方・例文

Q: に関して
環境問題に関して、記事を読みました。 を使った例文を教えて下さい。
A: その件に関しては一切お話しできません。
事件に関して知っていることを教えてください。
料理に関しては彼は天才だ。
Q: 環境 を使った例文を教えて下さい。
A: この学校には、勉強に集中できる環境が整っています。

リサイクルは、環境を守るために大切です。
Q: 環境 を使った例文を教えて下さい。
A: この町は子育ての環境によくない。
Q: 環境保全 を使った例文を教えて下さい。
A: その企業は、環境保全に対して非常に熱心な姿勢を見せている。

環境保全活動を推進する。
Q: I would like to have simple examples with word 環境 を使った例文を教えて下さい。
A: QAの全文をご確認ください

「環境」の類語とその違い

Q: 同じ環境で育った と 同じ環境に育った はどう違いますか?
A: かなり感覚的な部分なので正しいかわかりませんが……。

先程の通り、”に”を使った文章はやや文学的で堅めな印象です。

私の推測では、筆者は、
前の文「〜環境で〜」は主な内容が ”兄弟” であることから標準的な言葉を選び、
後の文「〜環境に〜」は主な内容が ”同じ環境(下)に育ちながらこの違いが生じたこと” であることから堅めの表現を用いた
のだと思います。

言い換えれば、前者は話題の付き添い、後者は主役といった感じでしょうか。

勿論、同じ言い回しを避ける効果もあると思います。
Q: 環境問題への関心が高くなってきました と 環境問題への関心が高くなっていきました はどう違いますか?
A: your understanding seems right.
Q: 環境を考える文化祭 と 環境を考えている文化祭 と 環境を考えた文化祭 はどう違いますか?
A:環境のことを考えている文化祭」と「環境のことを考えた文化祭」は同じ意味です。
環境のことを考える文化祭」は、「環境について考えることを目的にしている文化祭」という意味になります。

※すべての文章において、「~のこと」を入れたほうが自然な日本語です。
Q: 環境保護 と 環境保全 はどう違いますか?
A: サイトからの引用です
保全=conservation 「人間のために自然を守る」
保存=保護=preservation 「自然のために自然を守る」

保全・・・あるていど手を加えながら管理する 自然再生も含まれる
保護・・・もともとある自然にいっさい手を加えない

「保全(Conservation)の思想は、自然環境を人間のための
<道具>であるとみなす。これに対して保存(Preservation)の思想は自然環境に<それ自体の価値>が備わっているとみなす。

― 岩波現代選書『自然に対する人間の責任』 ―

単語の意味というよりも、思想の問題のようですね。

「環境」を翻訳

Q: 這裡環境很不好。 は 日本語 で何と言いますか?
A: ここは環境(かんきょう)が良くない。(又は環境(かんきょう)が悪い)
Q:環境保護運動への取り組みが高く評価されている俳優」 取り組みは韓国語で대처と翻訳されますが、そうするとこの文章には意味が合わないと思います。 は 日本語 で何と言いますか?
A: 取り組むは、熱心に問題などを解決するという意味です。
その俳優の方は環境保護のためにスピーチをして地球上の生物が危険な状況だということを訴えている←まさにこの事が彼の環境保護に対する「取り組み」だと言えますね。
分からなかったらまた質問して下さい!
Q: please help make it natural: 環境問題の他に、コンビニの社員にとって非正規化と言う問題点もある。なぜかと言うと、非正規社員がいればいるほど、コンビニがコストを下げられるわけである。 は 日本語 で何と言いますか?
A: 日本語としてはこのままでよいと思います。
レポートとしては、最初と最後の文の話題が少しズレてるように感じます(この後に文によります)。

最初の文…コンビニの社員のこと
次の文…コンビニの会社のこと

あと、社員より従業員や店員の方がよいかもしれません。

※終了すると追加回答できないので、こちらに追記します。

環境問題の他に、コンビニの社員にとって非正規化と言う問題点もある。
←従業員にとっての問題

なぜかと言うと、非正規社員がいればいるほど、コンビニがコストを下げられるわけである。
←会社の理由


このため、コンビニ従業員は、非正規のまま据え置かれ、賃金の上昇(とかいろいろ)は見込まれない
←従業員にとって、具体的になにが問題かを示す

最初の文が
環境問題の他に、コンビニ従業員の非正規化という問題がある。
←従業員の問題というより、一般的な問題として示されている
なら、後の文が
なぜかと言うと、非正規社員がいればいるほど、コンビニがコストを下げられるわけである。
で終わってもよいと考えます。
Q: I don't understand this "環境におごらずにもっともっとやりたいです は 日本語 で何と言いますか?
A: I'd like to do it more and more without being arrogant about the environment.
Q: 環境 は 日本語 で何と言いますか?
A: かんきょう
Kankyou

「環境」についての他の質問

Q: 環境に関して、何か手伝うことはありますか?
(Concerning the environment, is there anything I do to help?) この表現は自然ですか?
A: 環境に関して、なにかわたしに出来ることはありますか?
Q: 例えば、環境汚染はわれわれの当面直面している問題の一つだ。 この表現は自然ですか?
A: 例えば、環境汚染はわれわれが現在直面している問題の一つだ。

当面には「(期間ははっきりしないが)一時的」というニュアンスがあるので、環境問題という解決の糸口の見えない問題に対して使用すると少し不自然です。
Q:環境を征服することに、人類の偉大さを感じてきたのが機械文明である。」
ここで、「ことに」はどういう意味ですか?
A: 環境を征服する、その行動に
(環境を征服することに、)

「寒さを征服するためにストーブを作る。
地面を征服するために飛行機を作る。
自然に機械が勝った!機械を作る人間すごい!
これが機械文明」
という意味の文章
Q: 環境問題の専門家で作る研究グループは、おととし1年間に大気汚染などの公害が原因で死亡した人が世界でおよそ900万人に上ると見られるという分析結果をまとめ、国際社会に対策を急ぐよう呼び掛けています。 この表現は自然ですか?
A: とても上手ですね!
ただ、「専門家で作る研究グループ」は少々違和感が残りますので、「専門家で 作られる/構成される 研究グループ」とした方が良いと思います。
Q: 環境をきれいにまもっていることは人間の責任と言われている。生活の楽しみは清潔な環境に依頼するといるものだから。 この表現は自然ですか?
A: 環境をきれいに守ることは人間の責任と言われている。生活の楽しみは清潔な環境に依存するからだ。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

環境

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問