用具の例文や意味・使い方に関するQ&A

  • 「用具」と類似する言葉 その違い

    1. 類似する言葉
    2. 用具」は、先に目的があって、それを実現するために使う物を指します。 「道具」は、先に機能があって、多目的に使えるものです。 なお、「道具」という語は単独で使えますが、「用具」は普通、目的を表す言葉が前に付きます。 例 水泳用具(水泳に使うもの) 筆記用具(ものを書くために使うもの) 大工道具、七つ道具、道具箱

    1. 類似する言葉
    2. 用具」とは「道具」とほとんど同じ意味で、一つ(または複数)の事を行うためのものです。 体操をするための体操用具、字を書くための筆記用具などです。 「用品」は、お店などで売られている「用具」です。例えばスポーツ用品店では、スポーツをするための用具が売られています。「用品」を買うと、自分の「用具」になります。

    1. 類似する言葉
    2. Casi igual. Incluso para nosotros los japoneses es muy difícil distinguir los dos palabras.

    1. 類似する言葉
    2. 遊具は遊びに使う用具という意味です。 用具は何かをしたい時に使う物。 よって、用具はいろんな意味に使えます。ex)文房具(ぶんぼうぐ)は、学習する時に使う用具。 おそらく、日本人でも違いを知ってる人は少ないと思います。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

用具の前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。