発見の例文や意味・使い方に関するQ&A

「発見」を含む文の意味

Q: 発見例 とはどういう意味ですか?
A: 文章中の意味だと、ある生物を見つけた回数、という意味になります。

「例」には過去(または現在)の事実、という意味がありますから、「発見例」で「過去に発見された事実」と言い換えられることになります。
Q: こんな発見があるなんて、出稼ぎに来てみるもんだ とはどういう意味ですか?
A: It's really worth coming to work here (away from home) because of such a discovery.
Q: 発見は力づくでは出来ない。一目の羅(あみ)は鳥を獲ず。鳥を獲る羅(あみ)は唯だ是一目である。 とはどういう意味ですか?
A: @temari: 遅くなりました。
発見は力づくではできない」についてですが、
鴎外は必死で白人が鼻くそをほじることを発見したいと思い、手当り次第たくさんの欧米文学作品を探したわけですよね?「力づく」とはこのことを言っているんだと思います。

しかしそのときは発見できず、結局ヒゲに白いものが混じる頃になってやっと、半ば偶然「証拠」を見つけた。でもそれは実は鴎外が「いつか見つけてやろう」と思いながら、「捜査」に意識を向けていたからこそ辿り着いたことで、その主張を込めて後半「たくさん目のある網を用意して機に備えよ!」のような教えの漢文を引用したのではないかと思いました。

でもまさか鼻くその話だとは思わなかったですwすごくおもしろいですね。
Q: 発見が遅れたばかりか対策にも手間取ったので、牛の病気が広がってしまった。 とはどういう意味ですか?
A: Caw disease spread out because of not only the late to find it but also taking too long time to action against it.
It is something like that, sorry for my poor translation.

「発見」の使い方・例文

Q: 発見する を使った例文を教えて下さい。
A:
発見する is NOT used in daily life.cause it's a formal word.usually used news or broadcast
見つける is more natural

素敵なお店を見つけた。
美味しいお店を見つけた。
かわいいアクセサリーを見つけた。

「発見」の類語とその違い

Q: 発見 と 気づく
はどう違いますか?
A: QAの全文をご確認ください
Q: 発見する と 発見される はどう違いますか?
A:
Tienes razón. 〜される es una forma pasiva.
Por ejemplo,
Vasco da Gama descubrió El pico de la esperanza.
→バスコダガマは、希望峰を、発見した。(発見した es la forma pasada de 発見する)

El pico de la esperanza fue descubierto por Vasco da Gama.→希望峰は、バスコダガマに、発見された。(発見された es la forma pasada de 発見される)
Q: xを発見したか? と xを発見したの? はどう違いますか?
A: 全然違います。
次の文章の形をよく見てください。

発見した?」=「発見したか?」=「発見しましたか?」
発見したの?」=「発見したのか?」 =「発見したのですか?」

「xを発見しましたか?」と「xを発見したんですか?」の違いについて、確認してみてはいかがでしょうか?
Q: 発見する と 見つける はどう違いますか?
A: 発見する≒find
見つける→目で見て、何か発見する

「発見」についての他の質問

Q: 発見していたを発見したに置換すると自然でしょうか?違いは何でしょうか?
A: 最初の文は不完全な文です。この文には主語が二つあり、述語が一つしかありません。
一つの主語は「心と文吾は」であり、もうひとつの主語は「同家を訪問した村人が」ですが、文脈から言って、「奇妙な絵を発見していた」の主語は「村人が」でしょう。
長い文を書いて行くと、構造があやふやになることがありますが、そういう場合には、先に書いておいた主語の方の印象が薄くなってしまうため、最後に書き足すのを忘れてしまうことがあるからです。
ですからこの文では、「同家を訪問した村人が-----奇妙な絵を発見していた」がひとつの主語ー述語のかたまりであり、それを包み込む大きな主語ー述語のかたまりが、「心と文吾は、【村人が発見していたことを】----????(述語)」という文であり、????という述語は書き落とされてしまった、と考えるのが自然です。
この、書かれていない述語は、「知った」でも「見た」でも「(村人から)聞いた」でもまあ、何でも良いと思いますが、仮に「知った」として文を考えてみると、
「心と文吾は、【村人が絵を発見していた】 のを知った」という構造になります。
次の文で「この絵を手がかりに」心が明音の居場所を突き止めた、と書いてあるので、この前の文章の中で「心と文吾は、村人を通じて絵の存在を知った」ことが書かれていれば良いのです。
ここに引用された画像の文章の全体を要約すると、
「心と文吾は(村人がすでに発見していた)絵の事を知った。心はその絵を手がかりに明音の居場所を突き止めた。だが(その心は)金丸茂雄に逮捕された。そして長谷川の遺体が発見された。」
という流れになります。
ですからご質問の「発見していた」は、このままの形の方がいいです。
心と文吾が絵のことを知った、その前に、すでに村人は絵のことを発見「していた」わけですから、ここはそのままでなければならないと思います。
ですがこの「発見していた」ことを、「見た」でも「聞いた」でも「理解した」でも「知った」でも、まあちょっと変な文になりますが、「発見した」でも、もうひとつ述語を書き足す必要があります。そしてそれは「~していた」という語尾ではなく「~した」という過去形の語尾でなければなりません。
Q: 発見①礼儀は大切なこと:
日本の贈り物の習慣はややこしくて、包装もマナーの一つです。したがって、お菓子から、小物までラッピングというサービスがぜったいついてます。商品にして、見た目が綺麗に包まれて様子は、日本人にとってとても大切なことです。包装はマナーとして、日本人コミュニケーションの方法を気がします。

文法間違いところ直してお願いします。ありがとうございます
A: 発見①礼儀は大切なこと:
日本の贈り物の習慣はややこしく(難しく)、包装もマナーの一つです。したがって、お菓子から、小物まで「ラッピング(包装)」というサービスが「必ず」ついて「き」ます。商品「が」綺麗に「包装されていること」は、日本人にとってとても大切なことです。

★包装はマナーとして、日本人コミュニケーションの方法を気がします。 →言いたいことの意味がわかりません

文法(文章)「が」間違「っている」ところ「を」直して「ください」。お願いします。ありがとうございます
Q: 発見と発明の発音を音声で教えてください。
Q: 発見の発表は、はっきりの成功だったんです。 この表現は自然ですか?
A:
発見発表は大成功でした。

発見発表はまったくもって成功でした。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

発見

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問