目付けの例文や意味・使い方に関するQ&A

  • 「目付け」を含む文の意味

    1. 文の意味
    2. 『お目付け役』は誰かを監視すること。 『まわされる』は『まわす』の受身形。意味は前後の文脈がないのではっきりしませんが、おそらく、他の人がお目付け役を断り、自分がお目付け役をすることになったということだと思います。あまり乗り気でないので、受身表現になっていると思います。 絵で表現すると、 ('ω')ノ「私、お目付け役したくない」→('ω')ノ「私も嫌だ」→('ω')ノ「私も」→(;´Д`)「え…わたしがお目付け役をするんですか……」 のような感じですかね(笑) 江戸時代とかのお話ですか?

    1. 文の意味
    2. watchdog: a person or group of people whose job is to protect the rights of people who buy things and to make sure companies do not do anything illegal or harmful:

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

目付けの前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。