相応の例文や意味・使い方に関するQ&A

「相応」の使い方・例文

Q: 相応 を使った例文を教えて下さい。
A: 分不相応だ>釣り合わないこと

「相応」の類語とその違い

Q: 相応 と 適当 と 適切 はどう違いますか?
A: They have the same meaning--"appropriate(ly)".

However, 適当 often means "as you see fit" or "as you like" with a lazy and irresponsible nuance. If you say "彼は適当だ," most Japanese people will think you are saying "he is irresponsible/unreliable" not "he is appropriate/suitable." So, if you want to say "appropriate/appropriately," you should avoid using "適当."

And I think 適切 is more common than 相応, so I recommend you to use 適切 when you are saying something is appropriate/suitable.
Q: 相応 と 相当 はどう違いますか?
A: 「ハイスクールは日本の高校に相当する」
相当する→当たる、該当する、一致する

「能力に相応した仕事につくべきだ」
相応する→応じる、ふさわしい、見合った

相当するの方が断定的な感じで
相応するの方が気持ちによる判断が入る感じでしょうか
Q: 相応わしい と 理想 はどう違いますか?
A: 相応しい is suitable , deserve
理想 ideal

「相応」についての他の質問

Q: 相応の解決方法:
1.資料を詳しく読んで、理解しにくい部分について多く研究して、関連理論を徹底的に理解して、しっかりした理論基礎を打ち立てます。
2.複数のルートを活用して資料を収集し、資料検索のキーワードを増やし、できるだけ全面的に資料を収集し、資料の不足を補充する。
3.適時に指導者と交流し、積極的に指導者の提案を聞き、正しい研究方法を習得し、研究の重点を把握する。論文の構造を合理的に確定し、日本語の作文技術を習得する。
4.日本社会に関する文献資料を多く読み、日本の社会状況を反映した映像資料を多く鑑賞し、特定の時期における日本社会の発展に対する理解を増やす。
5.困難な点があったら、積極的に先生とクラスメートと交流し、より有益な解決策を獲得する。 この表現は自然ですか?
A: 対策:
1.資料を読み、理解が困難である部分を調べ、関連した理論を理解することで、理論の基礎を固める。
2. 様々な検索ルートを利用し、資料検索のキーワードを増やすなど、幅広く資料を収集し資料不足を補う。
3.適宜、指導教官に相談して助言を積極的に聞くことでより良い研究方法を学ぶ。論文の構造を合理的に確定し、日本語の作文技術を習得する。
4.日本社会に関する文献資料を読み、日本の社会状況を反映した映像資料を鑑賞することで、特定の時期における日本社会の発展にに関する理解を増やす。
5.積極的に教員や学生と交流し、より有益な解決策を学ぶ。


こんなかんじでしょうか。
「〜して、」と「〜し、」は、「〜し、」の方が今回のような書き言葉には適しています。「詳しく、しっかり、できるだけ、、」などの形容詞や副詞は、あいまいなので、今回のような文章には使わない方がよいかもしれません。
Q:相応の報い」という表現は悪い意味だけで使いますか?いい意味でも使えますか?例えば、誰かが本当に頑張りましたから、相応の報いを期待します。
A: 相応の報い is used in bad situation usually.
We don't use it when we praise someone.
ex) だれかの足を引っ張ると、自分も相応の報いを受けるものだ。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

相応

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問