着の例文や意味・使い方に関するQ&A

「着」の使い方・例文

Q: ~ (ちゃく) and ~発(はつ) を使った例文を教えて下さい。
A: 東京駅10:20ですから むかえにきてね。 10:20の東京行きの 電車になります。 10時20分発の飛行機✈️で行きます。 東京発 10:20で 帰ります。

「着」を翻訳

Q: 书翻就泛黄了 は 日本語 で何と言いますか?
A: めくる→捲る→翻 めぐる→巡る→旋转 本のページを捲る スカートを捲る
Q: 她带让人觉得仿如春天到来般的温暖来迎接我们。 は 日本語 で何と言いますか?
A: 彼女は春が来たかのような暖かさで、私たちを迎えてくれた。
Q: 他就抓她的双手而不放开。 は 日本語 で何と言いますか?
A: 彼は彼女の両手を掴み離さない
Q: 边听边跟读 は 日本語 で何と言いますか?
A: 聞きながら読む
Q: 哪凉快哪呆 は 日本語 で何と言いますか?

「着」についての他の質問

Q: Can 1 object use several counters?
A: >Can 1 object use several counters? →yes. >for example if a "necktie" can use both 枚 and and both be correct. →本 is the appropriate counter for necktie. I think 枚 and are not used to count neckties.
Q: Why would "kimono" be written "もの", and not "物" or "きもの"?
A: Well, that's just a sense. But in general, Kanji tends to make it look more serious while Hiragana is more relaxed as even kids can read (and historically it was used by women long time ago). So 物 looks the most serious, もの is the next, and きもの is the most soft and relaxed. Also note that き物 is almost never used, probably because sounds of 'き' can mean many other things.
Q: is there a difference between : 1) にいく and ていく 2) 読み続く  and 続き読む PS: i found the two...
A: に行く could be used in something like "試室(しちゃくしつ)にに行くね".  に行く means "to go to put on". ていく means to wear and go. 明日のパーティーには物をて行くね。 I'm going to wear my kimono to the party tomorrow. 読み続く is an old saying for 読み続ける. I only see 読み続く in old novels. I think we hardly say it nowadays. So, it means "to keep reading". Only 続き読む seems unnatural for me, but we sometimes say something like "続き読むまで待って”  in conversation. We often omit particles in spoken language. 続き読む means "to read more".
Q: can I use 彩 to say "coloring (of a drawing)?"
A: Possibly, but i think "色付けする"(irozuke-suru) is more natural:)

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

着の前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。