短編の例文や意味・使い方に関するQ&A

「短編」を含む文の意味

Q: 短編の場合は長編と比べて、その声の調子がかすれ気味になる。 とはどういう意味ですか?
A: 「かすれ」は、動詞「かすれる」のテ形の語幹です。「かすれる」というのは、声が喉で響かず、聞こえにくい状態になることです。「~気味」というのは、幾分そのような傾向があるということです。

ちなみに、こちらのサイトに、その文章の訳らしきものがありました。
https://st.hujiang.com/topic/15795521155/

「短編」についての他の質問

Q: この超短編小説の面白いのところは?
A: 渋っていたのは、祖父が植物を撮影するのが好きで、人物を撮影するのに慣れていなかったためです。
祖母が照れていたのは、写真を撮られることに慣れていなかったからでしょう。

私 と言うのは、この日記を投稿した筆者ですね。


イラストの面白さは、レトロなカメラに魅力を感じている祖父が、「自分も高齢だから、レトロの魅力がある!」と
ジョークを言っているのを、孫の筆者が「(レトロな魅力は)ありません」とジョークで返している
という意味ですね。
Q: この短編を読み始めて、それは忙しい父と対するあまり深くない考える女性の避難の話だと思ったけど、やっぱり違いました。最後の生きていることとどんな世界は実際にリアルな世界に関する結論に感動して、この短編は結局、だれも非難しない話になったっていうことにびっくりしました。それを全く予期していなかったからです。 この表現は自然ですか?
A: この短編を読み始めた時、浅はかな娘が忙しい父親を非難する物語かと思っていましたが、読み進めるにつれ、私の想像とは違っていきました。
特に感動したのは、「生きることについて」と「物語の世界とリアルな世界に関する結論」です。
誰のことも非難しない物語であったことに、私はびっくりしました。本当に予想外だったのです。

※ 「生きていることとどんな世界は実際にリアルな世界に関する結論」が上手く読み取れませんでした。意味が違うことを書いていたら、非常に申し訳なく思います。
Q: 短編小説を読んでいるところですが、そこの一つの言葉の使い方がよく分かりません。


引用:

===
泥棒がケチンボの家へ入ってピストルを見せて、お金を出せと言いました。ケチンボは、「ただお金を出すのはいやだ。その短銃を売ってくれるなら千円で買おう」
===

「ただ」というの語はいろんな意味があるわけですが、ここではどういう意味でしょうか。次の解釈が考えられます:

(1)「でも」と同じように、相手の要求を拒む言葉。
(2)「だけ」のように、不満の言葉。「こともあろうに、一番嫌なことを要求してくるなんて」みたいな意味合い。
(3)「無料」での意味の「ただ」。つまり「何も貰えないでお金を一方的に出す」というような「無料さ」。

どちらに当てはまると思われますか。また、いずれも当たらないのであれば、正しい解釈をお願いします。
A: @sunlight: ②です。
「お金を出すだけはいやだ」と同じ意味です。
Q: 短編小説を書くは大好きだ。 この表現は自然ですか?
A: おはようございます。
短編小説を書くのが大好きだ」
短編小説を書くことが大好きだ」
とするとよいでしょう。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

短編

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問