祈念の例文や意味・使い方に関するQ&A

「祈念」の類語とその違い

Q: 祈念 と 祈願 はどう違いますか?
A: 同じ意味で使われることもおおいですが、
祈願は神社、寺院などの神様に何かを「お願い」する場合、
祈念は具体的な相手はなく、天、神様など抽象的なものに何をお祈りする感じがあります。
Q: 祈念 と 祈願 はどう違いますか?
A:
Fast gleich.
Nur weniger Nuance.
----
祈念=Gebet mit Gedenke.
Man erinnert sich Vergangenheit und wünscht etwas.
----
祈願=Wunsch
Man hoffe etwas der Gegenwart.
Q: 祈念 と 祈願 はどう違いますか?
A:祈念」も「祈願」も同じく神や仏に祈ることを意味しますが、「祈願」の方がより神仏に願う気持ちが強くなります。

例)
会社の飲み会の最期の挨拶で:
"皆さまの健康と○○のますますの発展を祈念して一本締めをしたいと思います!"

スポーツや受験などで:
"必勝祈願"
Q: 祈念 と 祈願 はどう違いますか?
A: Both words are same meaning as hope or pray, we usually say 祈念 for public thing, 祈願 for personal thing.
Q: 祈念 と 祈願 はどう違いますか?
A: 意味はほぼ同じです。それを使い分けている日本人は少ないと思います。
ただ、良く使われているのは、祈願ですネ!

「祈念」についての他の質問

Q:祈念 この表現は自然ですか?
A: なるほど。ありがとう(^^) je vois, merci!

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

祈念

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問