私の例文や意味・使い方に関するQ&A

「私」を含む文の意味

Q: 宛 とはどういう意味ですか?
A: 「宛」=[・・・を]受取人とすること。

Q:
には、兄弟が二人います

Here I must use 'に' particle because of 'います' とはどういう意味ですか?
A: に используется из-за глагола "います", который используется для людей, животных и т.п.
У меня есть два брата или две сестры.
Q:
は車が欲しいです。リーさんは?
自転車は欲しいです

I want the answer to imply that Li-san doesn't want car, but he does want a bike
Is that the correct way to do it? とはどういう意味ですか?
A: リーさん's answer seems to be an off straight one.

Usually, most naif reply will be in same format with question such as:
は自転車が欲しいです。

Since we are not village children, we cannot expect such attitude everytime everyone.

So, yes, 自転車は欲しいです will be one of the way to answer implying 自動車 is not matter to me but I will talk about 自転車.

は shows that 自転車 is the topic リーさん has chosen. He has neglected to talk about 自動車. Isn't it ordinary attitude that we usually see in our daily life?

I will not argue such attitude from ethical view point. It is what we experience in our real life.
Q: 、卵食べると出来ないですよ とはどういう意味ですか?
A: i can't eat eggs.
は卵を食べる I eat eggs
〜と出来ない can't~
Q: のことなどお忘れでしょう とはどういう意味ですか?
A: You would forget about me

「私」の使い方・例文

Q: 自身 を使った例文を教えて下さい。
A: これは他でもなく自身の問題だ。
Q: も含めて を使った例文を教えて下さい。
A: 今回の参加者は何人ですか?
も含めて5人です。 (わたし+他4人=5人)
Q: " 、" を使った例文を教えて下さい。
A: In casual conversation, we often omit the particle.
And, sometimes, the sentence which the particle omitted is natural for some reasons.
Such as
・the case there is no need to write "は" clearly. [often. casual. a bit rough]
・the case we want to use [は] at the other place. [often. Using "は" many times in one sentence, it makes me confused; which は should I pay attention?]
・the case we don't want to use either [は] nor [が]. [sometimes]

e.g.
、学生です。
は➡、(in a bit rough way)
、将来は素敵な人のお嫁さんになって、幸せになりたい。(、将来は素敵な人のお嫁さんになって、幸せになることが夢なの。)
[は] is omitted to make "将来" as a topic. It lowers the order of priority of as a topic.
、これがほしい。
Omitting は makes the role of vague. は➡close to "As for me,..." in this case.
、何か間違えたかな?
In this case, the nuance of this sentence is different from "は" and "が".
は : "As for me, did I make a mistake?"
が : "Am I the one that made a mistake?"
、: It indicates just as the subject word. "I... made a mistake...?" [When I choose this, I'm scary to think if the answer is "yes". Or, I had no self-confidence; I'm correct. So I can't choose either は nor が. If I do that, it clarifies the role of in this sentence.]
Q: は...
が... を使った例文を教えて下さい。
A: The tecaher asked who broke the chair?(There were a lot of bad boys in the classroom.)
I broke the chair.
せんせいはだれがいすをこわしたのかたずねました。(きようしつにはたくさんわるいしょうねんがいた。)
わたしがいすをこわしました。

I disliked the chair.(There were no boys who had something with the chair)
So, I broke this chair.
わたしはこのいすがきらいだった。(いすにかんけいがあるしょうねんはいなかった。)
だから、わたしはこのいすをこわしました。
Q: の夢は。。。日本です。 を使った例文を教えて下さい。
A: @Lumnah:
it's hard to make a sentence using の夢は。。。日本です。

「私」の類語とその違い

Q: が住んでいるところ と の住んでいるところ と 例えば: 最近日本ではコロナが流行ってるらしいけど、あなた(の/が)住んでいるところは大丈夫ですか?この場合はどちらでもいいですか? はどう違いますか?
A: In this case it actually means the same. So you can use either の or が 😊
Q: は。 。 と が。。 はどう違いますか?
A: は…
1."は", which presents the main theme.
A:あなたは誰ですか。 Who are you?
B:は田中です。 I am Tanaka.

2."は" as contrast
A:あなたは中村さんですか? Are you Mr. Nakamura?
B:いいえ、は田中です。 No, I am Tanaka.

が…
"が" that determines the subject.
A:どちらが田中さんですか。 Which one of you is Mr. Tanaka?
B:が田中です。 I am Tanaka.
Q: の相手にする と を相手にする はどう違いますか?
A:の相手にする = が誰かを相手として選ぶ
を相手にする = 誰かがを相手として選ぶ

例:
・彼をの相手にするよ、適任だ。
を相手にする気か?後悔するぞ!
Q: おはようございます!はグレタさんです!イタリアの高校生です! と おはようございます!はグレタさんです!はイタリアの高校生です! と also wich sounds better (sorry for any miastakes I wrote it myself) はどう違いますか?
A: Hi! When you want to introduce yourself, you don't add the honorifics -san, -chan or whatever, first of all.
Then, in my opinion, it would sound better if you say "おはようございます! はイタリアの高校生グレタです.
Q: は毎朝朝食を食べるようにした。
は毎朝朝食を食べるようにしていた。 はどう違いますか?
A:は毎朝朝食を食べるようにしていた。」
これは、今まで食べていた。今は食べていない。

「私」を翻訳

Q: こんにちはは19歳です は 日本語 で何と言いますか?
A: 일단 발음은 괜찮은것같아요!근데 자기소개할 때 "안녕하세요.저는 19살이에요."라고 하면 조금 부자연스러워요ㅠㅠ
Q: は毎日1つの日記を書きています。今日はの好きなマンガを就いて書きました、これは未来日記です。の好きな品性はユノさんです、なぜなら彼女はクレイジーですね~

の日本語は正しいですか?」 は 日本語 で何と言いますか?
A: は毎日1つ日記を書いています。今日はの好きなマンガについて書きました。未来日記というマンガです。の好きなキャラクターはユノさんです。彼女のクレイジーなところがいいですね~
Q: は多分すでに全部できていますよね? は 日本語 で何と言いますか?
A: は多分すでに全部できていますよね?
Q: I am the only thing in life that I can control
が生命でコントロールできる唯一のことです。
は 日本語 で何と言いますか?
A: Maybe ‘自分自身は、が人生においてコントロールできる唯一のものです’
自分自身jI bun jishin =myself
人生jinsei ≒life
Q: は早婚より晩婚の方がいいと思います。あくまでもの個人的な理由ななりますが、海外旅行など独身のときには無理なく可能だったのが結婚したら限られてしまうことが多いと思います。
また、金銭的にも余裕がある晩婚のほうがいいと思います。 は 日本語 で何と言いますか?
A: あくまでもの個人的な理由"に"なりますが

「私」についての他の質問

Q: は日本人と話したいです。どうしてをした方がいいですか。アプリをダウンロードした方がいいですか。お願いします。
A: @nguyenthinhuy2610200 Chào buổi tối 😊 Mỹ Nhưさん、返信ありがとうございます。普通の人で安心しました😅

日本は4月から新しい学年がはじまります。ベトナムは9月ですね。3年生ということは丸2年、日本語を学ばれたのですね。もしかすると、大学に入る前に既に日本語、話せていました?でもさすが外語大の学生さん。自然な日本語です。

少し直してもいいですか?迷惑でしたら、今後は、控えるようにします。
日本人たくさんがいます。⇒日本人がたくさんいます。
日本人へ帰国する ⇒ 日本人は帰国する or 日本へ帰国する
誰も知っています ⇒ 誰でも知っています
埼玉県で見聞を広めます ⇒ 埼玉県について見聞を広めます
※「見聞を広める」は正しいですが、少し硬い表現です。意味は見たり聞いたりして知識や情報を得る、知識を広めるという意味で、漢字のままですね。簡単な言い方は、いろいろありますが、「埼玉県について勉強します!」などと言います。

聞き取るが一番難しい ⇒ 名詞にする場合は、「聞き取りが一番難しい」です。動詞なら「聞き取るのが一番難しい」です。
聞き取るの点 ⇒ 聞き取りの点
※ 聞き取りは、日本語能力試験では聴解問題と言っていますね。

悪いどす ⇒ 悪いです
※ ~どす、は京都の言葉(方言)です。先生は京都から来ましたか?

ベトナム語もとても難しいそうですか ⇒ ベトナム語もとても難しいそうですね。
※~も、としたのは、日本語が難しいけど、ベトナム語も難しいですね、という意味だからです。単純なへの質問でしたら、
ベトナム語はとても難しいですか。
となります。

それでは、頑張っていますね ⇒ それでは、頑張ってくださいね。
※ 「それでは」で始まると、さようならのあいさつか、最初のあいさつを終えて本題に入ることになります。その前の話題を切り替えます。
最後ではない例)それでは、本題にうつります。この研究では…
最後にくる例)
それでは、おやすみなさい。
それでは、またあした。
それでは、お元気で。

さて、それでは本題にうつります。えっ今までのは最初のあいさつだったの?🤣
と言う風に、の話は長くなります。
でも、今、0:40なので、簡単に書きます。続きはまたにします。

は4月にサイゴンに来ました。隔離やロックダウンでほとんど外に出ていないので、サイゴンにいる感じはしません😢 ベトナムにいるのにベトナム語、全く知らないんです。今年の1月にベトナムに来ることが突然決まりました😅

住んでみるといろいろ困ることがあります。ワクチン接種の申込とか。でも身振り手振り、片言の英語、それにスマホのアプリで何とかしてきました。でもせっかくなので、ベトナム語であいさつできたらいいな、TVの字幕が読めたらいいなと思います。
chúc ngủ ngon 😊
Q: Is the casual form of (は三方の大学に行きます。)

三方の大学行く。

Is this the casual form of that sentence?
A: - 行く sounds blunt to others rather than casual. I'd say 三方の大学へ行ってる.
Q:の故郷は石首市です。前世紀80年代の時は「県」から「市」に変更されました。 この表現は自然ですか?
A: × ‎の故郷は石首市です。
✓ ‎の出身は石首市です。

× 前世紀80年代の時は「県」から「市」に変更されました。
✓ 80年代に「県」から「市」に変更されました。

「‎の出身は石首市です。80年代に「県」から「市」に変更されました。」

似た単語がいくつかありますが、それぞれこのような特徴があります。
「故郷」:生まれ育った場所。なつかしいという感情を強くあらわしている。現在はそこに住んでいない。
「出身」:生まれ育った場所。子ども時代を最も長く過ごしたと感じている場所。現在そこには住んでいない。
「地元」:育った場所。生まれた場所とは限らない。現在もそこに住んでいることが多い。
国会議員は国会で仕事をするので、おそらくみんな首都(東京都)に住んでいますが、選挙区(それぞれの都道府県)のことを「地元」と表現しています。

自然なのはおそらく「出身」だと思いますが、全体の文脈によってはもちろん「故郷」もありえると思います。
ここは、自由に選んでもらっていいと思います。

日本では、1980年代を80年代、1990年代を90年代、と短く言います。これで間違いなく意味が通じます。
(2000年~2009年を00年代とは言いませんけどね)

日本語の「に」は、異なる役割であれば1つの文章の中で何度使っても問題ありません。
(「を」は制約があって無理なんです。なんか、かなり前に「を」についてそういう話をした記憶が・・・。)

こんな感じだと思います。😊
Q: Twitterがのアカウントを一時停止し続けているので、自分のツイートを手動で保存しています。
I've been saving my tweets manually, because Twitter keeps suspending my account. この表現は自然ですか?
A: Twitterに自分のアカウントを凍結されたままなので、自分のツイートを手動で保存しています。

これでしぜんになったと思います。😊
Q: の大学に日本語の学部がありませんですけど、ドイツのいくつの大学にはJapanologieという学部がありますよ。

これは自然な言い方ですか
A: の大学には日本語の学部がありませんが、ドイツのいくつかの大学にはJapanologieという学部がありますよ。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問