章の例文や意味・使い方に関するQ&A

「章」を含む文の意味

Q: How would you translate...
1) "第1212"
2) "1354"
3) "2のモノローグ"
(they're taking about a script for a game).
とはどういう意味ですか?
A: It means "In section 1 line 212".
Q: このの舞台の舞台 とはどういう意味ですか?
A: 「この」……今読んでいる本・小説の大きく分けたものの一つ。一、二…。
「の舞台」……小説・物語の中の場所。日本、千年前の二本、雲の上、海の中、宇宙…。
「の舞台」……劇を見せる場所。少し高い場所。

今読んでいる物語の中の場所にある劇を見せる場所。
Q: 「2の研究目的につながるようにそのあたりをわかりやすく書かないと。」
ここの「あたり」 とはどういう意味ですか?
A: 「あたり」 はこの場合 研究目的に繋がる導入を表します

が飛躍していて伝わりづらいため、2の研究目的を選んだ理由や動機といった背景についてもっと詳しく書かなければならない

という意味だと思います

「章」を翻訳

Q: このでは、戦後から現代までを「扱う」。の中の「扱う」はどういう意味ですか。 は 日本語 で何と言いますか?
A: この「扱う」は「範囲とする」の意味です。

「章」についての他の質問

Q: 「第1第1幕」という文は、

「だいいちしょうだいいちまく」と読みますか?
A:
第1第1幕
だいいっしょう だいいちまく
Q: I studied the whole chapter. = 1分を勉強した。= Ho studiato l’intero capitolo.
I studied all that chapter. = すべてのそのを勉強した。= Ho studiato tutto quel capitolo この表現は自然ですか?
A: × = すべてのそのを勉強した。
✓ = そののすべてを勉強した。

すべてのその sounds like «all of some chapters ».
そののすべて is « all of one specific chapter »
Q: このを読んだ後、自分の読書前に考えたこと、特にジャーナリズムにおける権力に対する認識が非常に甘く、単純であることを痛感した。権力行使される対象である一方、権力の行使主体でもあるジャーナリズムは、国家機構と市民の間にかけられた一つ架け橋であり、市民と国家機構の権力行使し合うことや、行使され合うことを促す役割を果たしている。無論、このような機能は、法制度で保障されなければならない。ニュースバリューの影響を受ける過程、世論の形成の各段階など、ジャーナリズムに関連するあらゆる場面では、各主体が(一般市民、政治エリート、ジャーナリストなど)相互連動し作用しあいながら、成り立つのである。 この表現は自然ですか?
A: × 権力行使される対象である一方、権力の行使主体でもあるジャーナリズムは、国家機構と市民の間にかけられた一つ架け橋であり、市民と国家機構の権力行使し合うことや、行使され合うことを促す役割を果たしている。
✓ 権力行使される対象である一方、権力の行使主体でもあるジャーナリズムは、国家機構と市民の間にかけられた一つの架け橋であり、市民と国家機構の権力行使し合うことや、行使され合うことを促す役割を果たしている。

× ニュースバリューの影響を受ける過程、世論の形成の各段階など、ジャーナリズムに関連するあらゆる場面では、各主体が(一般市民、政治エリート、ジャーナリストなど)相互連動し作用しあいながら、成り立つのである。
✓ ニュースバリューの影響を受ける過程、世論の形成の各段階など、ジャーナリズムに関連するあらゆる場面では、各主体(一般市民・政治エリート・ジャーナリストなど)が相互連動し作用しあいながら、成り立つのである。

Q: こので、年齢が第二言語習得に大きな影響を与えることが明らかになっている。前のと自分の学習経験を踏むと、第二言語を習得するためには、必ず若いほど若ければ効果的だと思っていたが、実際にはそうではないようである。小さな子供が無意識的に言語が習得できるとしても、必ずしもその言語をこなすわけではなく、下手にしてしまったら、第二言語どころか母語さえできないようになる恐れもあるのである。現在、台湾では2つの言語で子供を教える幼稚園が流行っているだけではなく、英語の教材を開発している会社も赤ちゃん向けの商品を販売している状況から第二言語習得の低年齢化が進んでいくことがわかる。外国語なら早めに学習したほうがよいという考えはスローガンのように学校や塾などの教育機関で見られるようになっているが、その中にはメリットだけではなく、デメリットもあることをこのによって改めて見直すことができると思われる この表現は自然ですか?
A: × こので、年齢が第二言語習得に大きな影響を与えることが明らかになっている。
✓ このでは、年齢が第二言語習得に大きな影響を与えることが明らかになっている。

× 前のと自分の学習経験を踏むと、第二言語を習得するためには、必ず若いほど若ければ効果的だと思っていたが、実際にはそうではないようである。
✓ 前のと自分の学習経験を踏まえ、第二言語を習得するためには、若ければ若いほど効果的だと思っていたが、実際にはそうではないようである。

× 小さな子供が無意識的に言語が習得できるとしても、必ずしもその言語をこなすわけではなく、下手にしてしまったら、第二言語どころか母語さえできないようになる恐れもあるのである。
✓ 小さな子供が無意識に言語を習得できるとしても、必ずしもその言語を使いこなせるわけではなく、下手をすると、第二言語どころか母語さえあやうくなる恐れもあるのである。

× 現在、台湾では2つの言語で子供を教える幼稚園が流行っているだけではなく、英語の教材を開発している会社も赤ちゃん向けの商品を販売している状況から第二言語習得の低年齢化が進んでいくことがわかる。
✓ 現在、台湾では2つの言語で子供を教える幼稚園が流行っているのみならず、英語の教材を開発している会社も赤ちゃん向けの商品を販売している状況であり、このことから第二言語習得の低年齢化が進んでいることがわかる。

× 外国語なら早めに学習したほうがよいという考えはスローガンのように学校や塾などの教育機関で見られるようになっているが、その中にはメリットだけではなく、デメリットもあることをこのによって改めて見直すことができると思われる
✓ 外国語なら早めに学習したほうがよいという考えはスローガンのように学校や塾などの教育機関で見られるようになっているが、そこにはメリットだけではなく、デメリットもあることをこのによって改めて知ることができる。

私が修正したところが全て間違っているわけではなく、ただ単に、より自然になるように書き換えたところも多いです。
Q: 第1では、ビスマルクの「独自の道」による現状維持(1871-1890)、ヴィルヘルムⅡ世即位による拡張主義と「世界帝国」の目標の提出(1890-1919)の帝政ドイツ時代を経て、独立と主権の回復を要求するヴァイマル共和政(1919-1933)、ナチス・ドイツ(1933-1945)の1871年から1945までのドイツの外交政策を再検証した。 この表現は自然ですか?
A: × 第1では、ビスマルクの「独自の道」による現状維持(1871-1890)、ヴィルヘルムⅡ世即位による拡張主義と「世界帝国」の目標の提出(1890-1919)の帝政ドイツ時代を経て、独立と主権の回復を要求するヴァイマル共和政(1919-1933)、ナチス・ドイツ(1933-1945)の1871年から1945までのドイツの外交政策を再検証した。
✓ 第1では、1871年から1945年までのドイツの外交政策を再検証した。この期間は次の4期に分けられる。ビスマルクの「独自の道」による現状維持(1871-1890)、ヴィルヘルムⅡ世即位による拡張主義と「世界帝国」という目標の提出(1890-1919)、帝政ドイツを経て独立と主権の回復を要求するヴァイマル共和政(1919-1933)、ナチス・ドイツ(1933-1945)。

こういう文ってよく見るので、このままでも問題ないと思います。明らかな間違いは「1945」に「年」が抜けていることだけですね。

原文に忠実に訳そうとしてこうなるのは良くわかりますが、一文が長すぎて、とにかく読みにくいのも間違いありません。

原文よりも読みやすさを優先するなら、まず先に結論を持ってきた方がよいでしょう。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問