端倪の例文や意味・使い方に関するQ&A

  • 「端倪」の使い方・例文

    1. 使い方・例文
    2. 端倪すべからざる」がもはや日常ではほぼ使う機会がございませんので、小説の一文より。 『絢爛たる才気と洗錬された趣味と該博な知識とを有った端倪すべからざる才人だった。』 (中島敦・光と風と夢) あえて日常で使うとすれば、 「この子の才能には端倪すべからざるものがある」 でしょうか。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

端倪の前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。