競争の例文や意味・使い方に関するQ&A

「競争」を含む文の意味

Q: 競争の結果勝者と敗者が出ることは仕方がないことだし、勝者にも順位づけが行われることもやむをえない。 とはどういう意味ですか?
A: 単に勝者と敗者の二つに分かれるだけではなくて、勝者の中でも一番、二番…と序列ができるということです。
Q: 競争社会を生きていくのは、大変だ。 とはどういう意味ですか?
A: it is hard to survive in a society where you have to compete with others like a company, a school, etc
Q: 競争率 とはどういう意味ですか?
A: きょうそうりつ

「競争」の使い方・例文

Q: 競争、喧嘩、試合、競技、マッチ とはどうちがいますか? を使った例文を教えて下さい。
A: 喧嘩、quarrel, brawl, fisticuffs so different from the others
競争、common word for competition including business competition. It can mean a race.
試合、game/match, football, baseball, tennis and such like games are called 試合。
競技、competition in athletic events, such as in the Olympic Games.
マッチ imported word for match. can be replaceable with 試合 but often used in boxing
Q: 競争する を使った例文を教えて下さい。
A: どっちが早く駅に着くか競争する。
 競争するは、子供が使う印象。実際、競争するのは子供がほとんど、、、。
同じような意味で、競う と言うのがありますよ。
 テストの点数どっちが高いか競おうよ!と日本の学生は点数を競い合ったりしていますよ
Q: 競争 を使った例文を教えて下さい。
A: どちらが早く宿題を終わらせるか競争しよう。

競争相手は私の弟だ。

私達のチームはムカデ競争で一位になった。

Do you read Kanji?
Q: 競争 を使った例文を教えて下さい。
A: 「競走」はあまり使わない言葉ですが、以下のように使います。

(家まで帰っている途中で)「家まで競走だ」

「競争」の類語とその違い

Q: 競争する と 競う はどう違いますか?
A: 競争 and 競う are used everywhere, where there is a competition. Not only for sports. They are similar, but are not completely same.

競争 is more used, when competitors have a common purpose. They compete, which one is closer to the goal.

競う also can be used in foregoing meaning, but it is more used when the rivals compete their ability, degree etc. The common purpose is not necessary. Therefore, when you say 技を競う or 出来栄えを競う you can't replace 競う with 競争する.

争う, like 競争, is also often used when competitors have common purpose. But the emphasis of 争う is on "to defeat rivals to achieve his purpose", while the emphasis of 競争 is on "to reach a goal faster than rivals", because 争う means "to fight" as you mentioned.
Q: 競争 と 競合 はどう違いますか?
A: とても難易度の高い質問ですね!
競争相手』『競合相手』どちらも使えるのでほとんど同じ意味ですが、違いを調べたところ、競いあう中で『競合』には重なりあうという意味がありますが、『競争』にはありません。
競争と聞いてイメージする単語するのはスピード競争、競合はビジネスで同じ業界にいるライバル会社をイメージしますね🙋
Q: 競争 (きょうそう) と 競う (きそう) と 争う (あらそう) はどう違いますか?
A: 競争 and 競う are used everywhere, where there is a competition. Not only for sports. They are similar, but are not completely same.

競争 is more used, when competitors have a common purpose. They compete, which one is closer to the goal.

競う also can be used in foregoing meaning, but it is more used when the rivals compete their ability, degree etc. The common purpose is not necessary. Therefore, when you say 技を競う or 出来栄えを競う you can't replace 競う with 競争する.

争う, like 競争, is also often used when competitors have common purpose. But the emphasis of 争う is on "to defeat rivals to achieve his purpose", while the emphasis of 競争 is on "to reach a goal faster than rivals", because 争う means "to fight" as you mentioned.
Q: 競争 と 張り合う はどう違いますか?
A: 競争 means competition as we only use the situation or fact.
On the other hand, 張り合う is also same meaning but It contains the emotion that I do not want to lose.
I’m sorry it is difficult to explain because of my limited English...
Q: 競争 と 競う (例をお願いします) はどう違いますか?
A: 競争 = competition (noun) e.g. 競争の結果、勝者と敗者が生まれる
競う/競争する = compete (verb) e.g. 友人と競う/友人と競争する

「競争」を翻訳

Q:
In this sentence:
競争の後に、ジェーンは麦茶を2杯のみました。
What is the reading for 後? あと、のち or ご?
How can I know which reading I have to use? は 日本語 で何と言いますか?
A: Beide kann man sagen.
Aber ich denke あと ist besser.

「競争」についての他の質問

Q: What is the difference between:

競争

対戦 and

コンペ?

Which is most suited for a sports competition?

Please explain the nuance or possible usage.
A:
試合 can be used for a game among two or more parties (or people).
対戦 is only used for a match between two people.

A singing audition is often called as コンクール or コンテスト. 競争 is also used, but it isn't used for the event itself.
e.g.
このコンクールでは、20人が歌を競争しました。
Q:競争という形なら、相手に合わせる必要がないだけに理想的だと言える。」
この「形」はどう読みますか?「なり」とかではないでしょうか?
A: 「かたち」でしょうか?

(そうではないのかなあ? まちがっていたら、ごめんなさい。)
Q: 競争に負けた後でその競争は存在していなかったとつらく認識した。 この表現は自然ですか?
A:競争に負けた」と言って、「その競争は存在していなかった」は矛盾(むじゅん)していますので、なにか説明(せつめい)が必要(ひつよう)になります。
例えば、
競争に負けたと思っていた後で、その競争自体が存在していなかったのだとつくづく悟(さと)った/わかった/理解(りかい)した/思い知らされた and so on.
Q: 競争 この表現は自然ですか?
A: QAの全文をご確認ください
Q: 競争ないね この表現は自然ですか?
A: 日本語で「競争がない」と言うと全く別の意味になってしまいます。

競争」には、集団を競わせることによって全体の質を上げていこうとする、という意味があります。
例 "この市場には競争原理が働いている"

したがって「競争がない」と言うと、集団での競争がなくなり、馴れ合いや妥協を始め、その結果全体の質も上がっていかないという、否定的なニュアンスの意味となります。

「楽勝だった」というニュアンスを出したいなら、「勝負にならなかった」とか、「だれも相手にならなかった」と表現するといいと思います。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

競争

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問