篭の例文や意味・使い方に関するQ&A

  • 「篭」の類語とその違い

    1. 類語
    2. 「籠」と「」、どちらも「かご」と読みます。意味も同じ「basket」or 「cage」です。 漢字は、基本となる漢字同士の組み合わせでできています。つまり部品を並べて作られているのです。 「籠」この漢字は「竹」かんむりという部品と、「龍」という部品の漢字でできています。 「龍」の字は、中国から来た漢字ですが、難しいので日本人が「竜」の字を考えました。そこで、「籠」この漢字に使われている「龍」の字も「竜」に置き換えられたので「」という漢字ができました。 このように同じ意味だけど、違う形を持つ漢字は、他にもいくつかあります。どれも、元の漢字が難しすぎるので簡単な形にしたものです。 このように2つの形を持つ漢字の難しい方を「異体字」や「旧漢字」と言います。

    1. 類語
    2. 「籠」が正式な字体です。 「」は略字です。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

篭の前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。