簪の例文や意味・使い方に関するQ&A

  • 「簪」を翻訳

    1. 翻訳
    2. この画像に写っている物を説明しろと言うなら「ディスプレイスタンド」でしょうが、商品名として「ディスプレイスタンド」を探しても同じものが手に入るとは思いません。

  • 「簪」についての他の質問

    1. 他の質問
    2. https://ja.m.wikibooks.org/wiki/中学校国語_漢文/春望

    1. 他の質問
    2. @Oyayubihime1005: 「使われる」が二度続くと洗練されない印象を与えます。異なる表現を使い分けると多彩な文章になるように思います。 「先ごろ」は、現代の物という意味で「近頃(ちかごろ)」のことでしょうか? 「あさまつげ」は、「黄楊(つげ)」という名称の方が一般的だと思います。また木材名は「モクレン」だけ片仮名にすると不自然なので、すべて平仮名、片仮名、漢字のいずれかに統一するのが良いと思います。 「」や「鼈甲」は漢字が難しいので、対象読者の年齢によっては平仮名表記や振り仮名があった方が自然かもしれません。私の感覚では大人が相手なら不要です。 「大昔に高いは鶴の骨から作られました。」 昔の高いは鶴の骨で作るのが一般的だったように聞こえます。しかしの素材として、鶴の骨は当時でもかなり珍しいように思います。象牙の間違いでしょうか? 素材の説明に「〜から作られる、プラスチックです」などと断言すると、それ以外の素材が除外されてしまうように感じます。「多くは、よく、一般的には」などの曖昧表現を使うことで、それ以外の素材で作られる可能性を含ませることができます。私は日本語としてはこちらの方が自然に感じます。 例文: 「(かんざし)」は、和装の女性が髪を飾るための伝統的な装身具です。を頭に着ける時には、その女性の社会的地位や年齢に相応しい物が選ばれます。 本体は黄楊や桜、木蓮などで作られることが多く、飾り部分にはよく絹が使われます。金や銀をあしらった物もあります。現代のものには真鍮や鼈甲が使われることもあります。安い品は大抵プラスチック製です。 かつて高価なには鶴の骨から作られたものもありました。 (かつて高価なの多くは象牙で作られました。)

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

簪の前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。