終戦の例文や意味・使い方に関するQ&A

「終戦」についての他の質問

Q: 終戦の夏の物語である。挿話で書かれている。最初はどこが回想でどこが現在かはっきりとしていなかったが、二回目読むとき注意すると、回想に入るところに一列空いているのがわかった。中国語の教科書にはない表現のような気がした。他にも昔の私は「ぼく」で、今の私は「俺」や、言葉遣いなどでわかるはずだった。 この表現は自然ですか?
A: 終戦の夏の物語である。「回想形式」で書かれている。最初はどこが回想でどこが現在かはっきりとしていなかったが、二回目読むとき注意すると、回想に入るところに一列空いているのがわかった。中国語の教科書にはない表現のような気がした。他にも昔の私は「ぼく」で、今の私は「俺」や、言葉遣いなどでわかるはずだった(or「わかるようになっていた」)。
Q: 終戦の10年後から四十年以上にわたってずっと世界第二大国だった日本は、2005年に中国に抜かれて、これから確実に第三位をも返上するでしょう。 この表現は自然ですか?
A: correct!
可能ならはGDPの話であることをどこかに入れると、さらに分かりやすく自然になると思います。
Q: 終戦前後における米軍から見たの沖縄人って研究のタイトルとしてはいいですか?日本語の間違えがありますか?
A: ありがとうございます!

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

終戦

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問