腕の例文や意味・使い方に関するQ&A

「腕」を含む文の意味

Q: に当たる 柔らかい感触 体温 目の前の 彼女の とはどういう意味ですか?
A: I feel the softness and the warmth of her something to my arm. It's of her, in front of me. に当たる柔らかい感触 often means her breast contacted to my arm.
Q: は鈍っていないようだな とはどういう意味ですか?
A: It is an idiom of Japan. https://thesaurus.weblio.jp/content/が鈍る
Q: をみがく方法はもっぱら とはどういう意味ですか?
A: Zdanie wyrwane z kontekstu, dlatego trudno przetłumaczyć, ale myśle, że w dosłownym tłumaczeniu chodzi o coś takiego: Trzeba się całkowicie oddać metodzie polepszania swoich umiejętności.
Q: の中の太陽 とはどういう意味ですか?
A: 太陽 could be a metaphor for one's lover held in his arms (の中), or lovers who embrace each other.
Q: バーニャカウダ とはどういう意味ですか?
A: Arm Bagna Cauda

「腕」の使い方・例文

Q: を上げる を使った例文を教えて下さい。
A: 「これが出来るだなんて、を上げたね」
Q: が上がる を使った例文を教えて下さい。
A: ・毎日練習したせいか、相当が上がりましたね。 ・以前よりもずっと料理のが上がったみたいです。
Q: を上げる を使った例文を教えて下さい。
A: 意味は技術などが向上したこと、上手くなったことです。 アニメっぽくライバルに言うなら ふんっ、貴様、を上げたな! でも、上司に使ってはいけませんよ。
Q: が鳴る を使った例文を教えて下さい。
A: 顧客に技術を披露することになって、が鳴るなぁ。
Q: が鳴る を使った例文を教えて下さい。
A: 久し振りの試合にが鳴る。

「腕」の類語とその違い

Q: 前 と 手際 と 手並 と 手 はどう違いますか?
A: その通りです。 ごめんなさい。 確かに、はskillの意味でも使いますね。 ■手並 お手並拝見するよ。 お手並を見せてもらおう。 ほぼこの形でしか使いません。 必ず、お+手並 の形になります。 偉い人が目下の人に言う言葉なので、普通の人は、ふざけて言うくらいしか使いません。 お を付けることで、わざと自分を下に見せているような感じです。 「彼は手並の良い大工だ。」 と言うことはありません。
Q: と 手 はどう違いますか?
A: →手首から肩まで 手→肩から先の全体(手首から先について言うこともある)
Q: と 手 はどう違いますか?
A: 同じ意味で使われることも多いですが、 「」はひじelbowの上と下 forearm and postral arm を指し、 「手」は手首wristから先、handを指すこともあります。
Q: と 手首 はどう違いますか?
A:   arm 手首 wrist 手(て) hand
Q: ならし と 訓練 と 鍛錬 はどう違いますか?
A: 訓練は、何かに備えるために行なうものです。たとえば、「地震に備えた防災避難訓練をする」という具合に用います。 一方で、鍛錬は自分の心身を鍛えるために行なうものです。「心身を鍛錬して(「鍛えて」のほうが自然な表現)、健康を維持しましょう」という具合に用います。

「腕」を翻訳

Q: I hurt my arm. 「を痛めた」か 「手を痛めた」どっちがいいですか? は 日本語 で何と言いますか?
A: 手首よりも体寄りのみであれば「を痛めた」 手首より先が含まれるのであれば「手を痛めた」 だと思います。
Q:に任せて」nghĩa là gì ạ? は 日本語 で何と言いますか?
A: 彼の技術に任せるということです。 かれのぎじゅつにまかせるということです。
Q:を組む’って、1人で両を組む時にも、2人以上の人が(例えばカップルみたいに)を組んで並ぶ場合にも使えますでしょうか。 は 日本語 で何と言いますか?
A: 使えます。 を組んで立っていた。など
Q: がいい は 日本語 で何と言いますか?
A: 技術や能力が優れているという意味です
Q: を動いて、肩が痛みます。 は 日本語 で何と言いますか?
A: を動かすと、肩が痛みます。

「腕」についての他の質問

Q: をそのように動かし続けるならば飛んでいくだろう この表現は自然ですか?
A: 「~ならば飛んでいけるだろう」にしたほうが自然です。 「飛んでいく」は客観的すぎる描写(too objective description)です。 「飛べる」もしくは「飛んでいける」のほうが自然です。 canの意味を加えて(飛ぶ、飛べる)、話し手の考えを加えたほうがいいです。 「飛んでいくだろう」には飛ぶことができるか、できないかという判断が欠けています。
Q: 帯の中央と心臓を同じに高くする この表現は自然ですか?
A: 同じ高さにする
Q:を上げる」と言う表現はスポーツばかりについて使ってもいいか、それとも勉強でもいいですか?例えば、「私は日本語にを上げた」と言う文正しいですか?
A:  料理、写真、手芸、DIY、パソコン などにも使えます。
Q: の痛みのせいでは、今日運動して出来なかった。 この表現は自然ですか?
A: の痛みのせいで、今日運動して出来なかった。 →今日はの痛みのせいで運動出来なかった。
Q:  ケガしてる. It was translated as:"You injured your arm", and it's correct. But isn't ている used for p...
A: ケガする/した means get/got injured. But ケガしている means that there is an injuly.

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

腕の前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。