臨場の例文や意味・使い方に関するQ&A

  • 「臨場」を含む文の意味

    1. 文の意味
    2. 通常は「そこに本当に自分がいるかのような迫力」という意味ですが、そこでは「生き生きとした感覚、並々ならぬ迫力」という感じで使われています。バイクで観光することで、車とは違って風や匂い、景色を直に感じることができるということです。

  • 「臨場」を翻訳

    1. 翻訳
    2. ·「本番、実際の場面」 面試臨場表現不佳. 「面接試験の本番ではうまくできませんでした(話せませんでした)。」 出庭臨場表現不佳 「実際に出廷したらうまくできませんでした(話せませんでした)。」

  • 「臨場」についての他の質問

    1. 他の質問
    2. 很有畫面は知りませんが、「臨場感たっぷり」は自然な表現です。ただし、その場にいるような感覚のことなので、少し違うかも知れません。「臨場感あふれる画面」というと、画面(実際の画面であり、想像ではない)を見ているだけなのに、その場にいると錯覚するような感覚のことです。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

臨場の前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。