複数の例文や意味・使い方に関するQ&A

「複数」を含む文の意味

Q: 複数 とはどういう意味ですか?
A: 出来ますよ。
Q:複数から収入を得られる」の「複数」 とはどういう意味ですか?
A: 複数の仕事、複数の場所、複数の人 and so on.
It means you have multiple sources of income.
Q: 複数の関係者によると とはどういう意味ですか?
A: 據好幾個有關人員說⋯⋯
Q: 複数の店舗が入居する商業施設の異なる店舗で、ショッピングの合算金額が、消費税が免税される条件を満たしていれば還付されるタイプの免税店もある とはどういう意味ですか?
A: あなたの解釈は恐らく正しいと思います。

しかし、元の文章には問題があります。特に、「異なる店舗で」という箇所は意味が曖昧で、誤解を招く恐れがあります。二つ以上の店舗で買い物をすることが消費税免税の条件であるとは明示されていませんし、一つの店舗だけで買い物をした場合でも消費税が免税されるとも明示されていません。

したがって、元の文章から明らかになっているのは以下の三点だけです。

1. 客が買い物の際に支払った金額が一定の条件を満たせば、客がその際に支払った消費税が後に
客に還付される仕組みがある。

2. 複数の店舗が入居する商業施設がある。

3. 2. の商業施設には、1. の仕組みが適用される店舗が一つ以上存在する。

以上

元の文章の「異なる店舗...合計金額...免税店もある」からは次の条件を類推することができます。

4. 3.に該当する二つ以上の店舗で客が買い物をした場合、1.の条件が適用され、客が支払った消費税が客に還付される。

あなたの解釈が正しいと仮定すれば、元の文章は次のように修正する必要があると思います。

客が商業施設に入居する一つ又は複数の店舗で買い物をした場合、その合計金額が消費税免除の条件を満たしていれば、客は支払った消費税の還付を後に申告する事ができる。但し、本項は消費税免除の対象として指定されている店舗に限って適用される。

「複数」の使い方・例文

Q: 複数 を使った例文を教えて下さい。
A: 複数のスキルが必要な時代。
複数のピッチャーが必要な時代。
複数のことを同時にこなすことができる。
Q: 複数 を使った例文を教えて下さい。
A: ありがとう。
Q: 複数 を使った例文を教えて下さい。
A: このアプリで、複数の友達が一気にできた。
Q: 複数 を使った例文を教えて下さい。
A: 複数の言語を話す人。
複数回答でも可能です。
複数形にならない名詞。

「複数」の類語とその違い

Q: 複数 と 多数 はどう違いますか?
A: 複数の主眼は「単数ではない」、多数の主眼は「たくさんある」
Q: 複数日 と 数日 はどう違いますか?
A: 'ふくすうじつ'で合ってますよ😊

「複数」を翻訳

Q: 複数以上の副詞が動詞を修飾することができますか。例えば、「よく早くきっぱり断る」「早くてよくできた」のように は 日本語 で何と言いますか?
A: このような表現はしないと思います。
前者は(きっぱり断る)の方が否定の表現が強いので、(早めに)(今すぐ)等が自然かと。
後者は(よく出来た)が強調しているので、(順調に)がしっくりときます。
(早くよく)は表現しないかと。
使うなら、より早く出来た。

「複数」についての他の質問

Q: 複数の言葉で出来た長い名詞ですが、普通はどういうイントネーションで読むのですか。

幼児英語教育研究所
開発商品出張販売研修員
国立国会図書館資料室案内図
卒業予定者会社説明相談会会場
環境問題調査機関最終報告発表予定表
A: あまり厳密な規則はなく、人によってイントネーションが違うことも良くあります。私は以下のように読んでいます。

幼児英語教育研究所
よ\うじえ/いごきょ\ういくけ/んきゅうじょ
最後の「研究所」のイントネーションを大切にします。それ以外は、おおむねそれぞれの単語の中で1回ずつ高低が切り替わります(切り替えない場合もあります)。前後と合わせるため、「教育」のみが通常とは異なるイントネーションになっています。

開発商品出張販売研修員
か/いはつしょ\うひんしゅっ/ちょうはんばいけんしゅ\ういん
同様に、最後の「研修員」に合わせて、「商品」と「販売」のイントネーションを変えています。

国立国会図書館資料室案内図
こ/くりつこっかいとしょ\かんし/りょ\うしつあ/んな\いず
「国立国会図書館」と「資料室」と「案内図」の間の緊密性が弱いので、それぞれを原則通りの発音で発音します。

卒業予定者会社説明相談会会場
そ/つぎょうよて\いしゃか/いしゃせつめいそうだ\んかいか/いじょう
やはり、最後の「会場」のイントネーションを大切にします。「卒業予定者」「会社説明(相談)会」「会場」の3つに分け、それぞれが完結したイントネーションになります。
※「そ/うだんかいか\いじょう」と発音する人もいます。

環境問題調査機関最終報告発表予定表
か/んきょうも\んだいちょ/うさき\かんさ/いしゅほうこ\くはっ/ぴょうよていひょう
これも「環境問題」+「調査機関」+「最終報告」+「発表予定表」で、それぞれが完結したイントネーションです。
Q:複数のアイコンを選択するため、画面でクリックして、押したままにして、選択したいアイコンの上に移動してください。
② 電気がついたままにしないで、帰ります。
③ アプリがサーバにアップされているので、シャットダウンをしなくて、そのままにしてください。 この表現は自然ですか?
A:複数のアイコンを選択するため、画面をクリックして、押したままにして、選択したいアイコンの上に移動してください。
② 電気をついたままにしないで、帰ります。
③ アプリがサーバにアップされているので、シャットダウンをしないで、そのままにしてください。

このほうがより自然です!
Q: 複数のものについて話す度、「たち」を使うと、それはわざとらしいですか?
例えば、「水夫たちは陸を見た。」
それと、「人々と木々」はどうですか?例えば、「多くの人々が励ましいてくれた」か「木々がまもなく裸になる」はどうですか?
例文は自然ですか?
A: >>複数のものについて話す度、「たち」を使うと、それはわざとらしいですか?

文脈によります。
確かに、あまり「たち」をたくさん使うと、ちょっとわざとらしい感じはします。日本語では通常の文章で数量を明確に示さないので、単数か複数かを気にしないため、「たち」も使い過ぎると少し不自然かもしれません。

>>例えば、「水夫たちは陸を見た。」

これは前後の文章で水夫がひとりではないことが分かっているなら、たとえば、「みんなは陸を見た」というほうが流れが自然な場合もあると思います。もちろん「水夫たちは~」と言ってもいいですが。

>>それと、「人々と木々」はどうですか?例えば、「多くの人々が励ましいてくれた」か「木々がまもなく裸になる」はどうですか? 例文は自然ですか?

こちらは問題ないです。自然な表現で、違和感はありません。


Q: 複数の過去式を文句にはどう使った自然か説明お願います



朝、彼は新聞を読みました、公園へ散歩しました
そして、家に帰りました、食事をしました、
食事を終わったら、会社へ行きました。

てからは使用したくないです
A: Other options!
朝、彼は新聞を読んで公園を散歩しました。
そして、家に帰り、食事をしました。
食事の後/食事を終えた後、会社へ行きました。
Q: 複数連続の動作を翻訳する時に発見した問題です。

例えば、「煙を吐き出し、身震いして、にっこりた」「桜は人を酔い、人を酔って、人を酔う」その順番はどうやって決められたのか、是非聞かせてください。
A: 「聴き」のように連用形で止める形と、「きって」のように「連用形(音便)+て」の形とを、どのように使い分けるかということですね。
これには明確な規則があるわけではないのですが、次のような使い方があると思います。
1. 喜び、怒り、悲しみ、楽しみます。
 4つの動詞はあまり順序は関係なく、並列である可能性もあります。
2. 喜んで、怒って、悲しんで、楽しみます。
 4つの動詞は、多くの場合は時系列です。
3. 喜び、怒り、悲しんで、楽しみます。
 前の3つの動詞が、最後の動詞に係る形です。ただし、1.と同じ意味で使われることもあります。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

複数

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問