見慣れるの例文や意味・使い方に関するQ&A

「見慣れる」を含む文の意味

Q: ‎「見慣れない高貴に美しい少女」中的「に」这个助词的用法是什么?可以举个例子吗?🙏 とはどういう意味ですか?
A: このような使い方はあまり見たことがありません。
「高貴に」は形容動詞「高貴だ」の連用形の一つですが、普通はこのような場合、もう一つの連用形である「高貴で」を使います。
見慣れない高貴で美しい少女)
これだと、「見慣れない」と「高貴だ」と「美しい」の三つの形容詞的単語がすべて少女を修飾することになります。
ついでに言うと、「少女は」よりも「少女が」となっていた方が自然な感じがします。
全体的によくわからない文章です。
Q: 見慣れた空 同じ景色に今日が流れてく とはどういう意味ですか?
A: Under the familiar sky, today is passing by while the landscape is all the same.
Q: 見慣れぬ とはどういう意味ですか?
A: 本来は古語ですが、「見慣れぬ」は今でも使われます。方言ではありません。意味は「見慣れない」です。つまり、「ぬ」は否定です。ただし、この「ぬ」は、名詞を修飾する時にしか使えません。

見慣れぬ人=見慣れない人


もっと詳しい解説をすると、古語における打消の助動詞「ず」の連体形(=名詞を修飾する時の形)が「ぬ」です。例えば、現代語における打消の助動詞「ない」は、連体形になっても「ない」ですが、「ず」は形が変わるんですね。

現代語) 彼を知らない。right
古語) 彼を知らず。right

現代語) 知らない顔 right
古語) 知らず顔 wrong→知らぬ顔 right

「見慣れる」の使い方・例文

Q: 見慣れない を使った例文を教えて下さい。
A: 見慣れない光景が広がっていました。
見慣れない人がいます。

「見慣れる」の類語とその違い

Q: 見慣れている顔 と 見慣れた顔 はどう違いますか?
A: 同じだと思います☺️
Q: 見知らぬ と 見慣れない はどう違いますか?
A: 難しい質問ですね…^_^;
どちらも「今まで見たことがない」という意味ですが、「見慣れない」の方は、その対象に奇妙な感覚、つまり「変だな/おかしいな」という気持ちが含まれている気がします。

●見知らぬ人→単に、「今まで見たことがない人」。知らない人。
見慣れぬ人→「そこにいるはずのない人」というニュアンスが含まれています。
Q: 見知らぬ と 見慣れない と 二つとも同じ意味だと辞書に書いてあるんですけどどう違いますか? 例文が欲しいです。 はどう違いますか?
A:
「見知らぬ◯◯」は、話し手にとって、全く見たことも聞いたこともないと断言できる◯◯です。(例:「見知らぬ土地」)
見慣れぬ◯◯」は、もしかしたら過去に見聞きしたことがあるかもしれないが、そうだとしても、ほとんど、あるいは全く覚えていない◯◯、みたいなニュアンスです。(例:「見慣れぬ光景」)
Q: 見慣れない と 見慣れていない はどう違いますか?
A:見慣れていない」は述語として使い、主語の状態を説明します。
例 私は事故を見慣れていない。→「私」に注目

見慣れない」は、他の名詞を修飾する修飾語として使います。
例 見慣れない猫がいた。→「猫」に注目

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

見慣れる

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問