記すの例文や意味・使い方に関するQ&A

「記す」の使い方・例文

Q: 記す を使った例文を教えて下さい。
A:記す」は友達や家族と話すときには使いません。(書く を使います)
少しかたい文章でよく使われます。例えば、
気になったことをメモに記した。
と使います!
Q: 記す - 告白  を使った例文を教えて下さい。
A: 今日の出来事(できごと)を日記(にっき)に記(しる)す。
I keep a record of what happened today in my diary.
この手紙(てがみ)には彼女(かのじょ)が病気(びょうき)であると記されている。
The letter states that she is ill.

彼からの突然(とつぜん)の告白に正直(しょうじき)大変(たいへん)驚(おどろ)いた。
I was very surprised at his sudden confession.
ここに告白すると私は彼のことを長年(ながねん)恨(うら)んできたのだ。
I confess here that I've been grudged for him for years.
Q: 記す を使った例文を教えて下さい。
A: 名前を記す
感想を記す
書物に記す
本に記す
Q: 記す を使った例文を教えて下さい。
A: この文書には大切なことが記されている。
彼は偉大な足跡(そくせき)を記したといえる。

「記す」の類語とその違い

Q: 記す と 書く はどう違いますか?
A: 記すは正式な文章を残すこと、正確な記録を残す。記録の記の意味。
書くは一般的に使う言葉。
Q: 記す と 書く はどう違いますか?
A: 記す is the formal way of 書く.
Q: 記す と 書く はどう違いますか?
A:記す」は「記録を残すために書く」意味合いが強いです。
Q: 記す(しるす) と 書く はどう違いますか?
A: 「書く」は動作そのものを表しますが「しるす」には「後に残すために書く」という意味が含まれることが多いように思います。
ですから「書道のウォーミングアップのつもりで無作為に手を動かして線を記した。」と言うと不自然に感じます。こういう場合は「書いた」または「描いた」を使うべきです。
また、「書く」は「執筆する」という意味で「小説を書く」のような場合にも使います。これを「小説を記す」と言うことはできません。
Q: 記す と 書き記す と 書く はどう違いますか?
A: 書き記すは書面にしたり文書化することです。

記すは書面だけに限らず意味は広くなります。
の意味に近いので、合わせて覚えると良いです。

例 ✳今となっては思い出を記した跡
✳これは何の印だろう?

「記す」についての他の質問

Q: 記すの発音を音声で教えてください。
A: QAの全文をご確認ください
Q: 記すの発音を音声で教えてください。
A: 記すは2通りの意味、発音があります。
しるす
shirusu

きす
kisu

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

記す

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問