詭弁の例文や意味・使い方に関するQ&A

  • 「詭弁」についての他の質問

    1. 他の質問
    2. 詭弁家」という言葉は、残念ながら、一般の日本人は、ほとんど使わないと思いますが、以下・・・ 詭弁の「詭」は、「危ない言」、嘘、いつわり、だましを意味します、従って、詭弁家とは、「嘘や、いつわりを使いながら、自分が正しいと主張する人」の意味です。おっしゃる通り、自分はわかっていながら「嘘を本当のことであるかのごとくフリをしている」人で、negativeな表現です。 また、「詭弁」という名詞は、collocationの観点からは、詭弁「を弄する」、詭弁「をもてあそぶ」、のような動詞が、よく使われます。ご参考まで。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

詭弁の前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。