誉めるの例文や意味・使い方に関するQ&A

  • 「誉める」の使い方・例文

    1. 使い方・例文
    2. 面前で人を誉めるような人を信用するな。 彼女はうちの赤ちゃんを見るたびに誉めることを忘れない。 彼を誉める者など誰もいない。 彼の作品は誉める言葉がない。 言葉に出して誉めることで子供にやる気を出させるようにしなさい

  • 「誉める」の類語とその違い

    1. 類語
    2. まず第一に、誉めと褒めるの差は一般的には殆どありません。常用漢字(政府が認めた日常的な漢字)に入っていないので、誉めはあまり使われません。 我々でさえ日常的に区別はしていませんが、細かな違いを見ていきましょうか。 誉め は名"誉"(めいよ)と関連することで、何かに勝った時や受賞した時など「多くの人から認められる」際に用います。 一方で褒めるは、よい行いに対して褒美(報酬?)を与えることから、「自身が相手の行いを認める」際に使います。 例文 ・勇者の偉業を皆が誉め称えた。 ・子供がきちんとあいさつをしたので、褒めてあげた。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

誉めるの前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。