諂うの例文や意味・使い方に関するQ&A

  • 「諂う」と類似する言葉 その違い

    1. 類似する言葉
    2. 同じです。 最近は、媚びる が、多く使われていると感じます

    1. 類似する言葉
    2. 阿る は、日本人でもほぼ日常では使いません。 私は日本人ですが、漢字だとどちらも読めなかったです。 調べたところ、阿る(おもねる)と諂う(へつらう)との事でしたが、阿る の方は現在の日本ではまず使うことはないと思いますし、日本人に言っても通じない可能性が高いです。 諂う の方は現在の日本でも日常でたまに使われます。 どちらも意味としては「自分を下げて相手の機嫌をとる事」ですが、阿る の方は例えば 「大衆に阿る」 「時代に阿る」 などという使い方もするようなので、「(あるものに)合わせる」という意味にもなるように感じます。 一方、諂う の方は、人に対して使うことがほとんどで、「上司に媚(こ)び諂う」「リーダーに媚び諂う」などという使い方もします。 諂う は、現在の日本では、単体で使うことはほとんど無く、大体は 「媚(こ)びる」とセットになって「媚び諂う(こびへつらう)」 という表現となるのが一般的です。

  • 「諂う」についての他の質問

    1. 他の質問
    2. 回答になっているかわかりませんが、 こんなイメージです。 > よいしょする > おだてる 相手を持ち上げる > お世辞 相手を持ち上げるセリフを言うが、大げさに言う > おべっかを使う 相手に持ち上げるセリフを言うが、本当のことではない > ちやほやする 相手を大切にする(しているように見せる) > 媚びを売る > ごまをする 相手に気に入ってもらおうとする > 媚びへつらう 相手に気に入って貰おうとして、さらに自分を下げる > 取り巻く ファンや子分として、ついてまわる

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

諂うの前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。