貴いの例文や意味・使い方に関するQ&A

「貴い」の類語とその違い

Q: 貴い (とうとい) と 大切 (たいせつ) はどう違いますか?
A: 「とうとい」は「貴い」より「尊い」でよく使います。
貴い:非常に貴重である。地位が高い。
尊い:大切にすべき物。価値がある
大切:丁寧に扱って大事にする。重要。

「尊い」は「大切」に比べて、価値のある物という意味が含まれます。
Q: 貴い と 貴重 はどう違いますか?
Q: 貴い (たっとい) と 貴い (とうとい) と 貴重 はどう違いますか?
A: 「たっとい」と「とうとい」は同じ意味です。昔はむかしは「たっとい」と読まれることが多かったようですが、現在は「とうとい」の方が一般的です。
「貴重」は「貴い」に比べると意味が狭いものです。
貴い」には、「貴重」「高貴」の意味がありますが、「貴重」には「高貴」の意味はありません。

「貴い」についての他の質問

Q: 貴い とうとい

俺は貴い経験だといえば、やっぱり小さいな時、両親と一緒に母の母さんの家に行った事なんだと思います この表現は自然ですか?
A: 俺の貴い思い出と言えば、やっぱり小さな時、両親と一緒に母方の祖母の家に行った事だと思います。
(経験と言うと、ちょっと職場経験とか、社会経験とかイメージしてしまうから、思い出にしました。)

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

貴い

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問