質の例文や意味・使い方に関するQ&A

「質」を含む文の意味

Q: とはどういう意味ですか?
A: means quality
Q: 材 とはどういう意味ですか?
A: おそらく材⇒資材では?
しざい、material、材料
Q: の悪い とはどういう意味ですか?
A: どちらとも読みます。
(しつ)の悪い ≒ 作りが雑な、安物の、壊れやすい
例文:の悪い品物

(たち)の悪い ≒ 扱いづらい、厄介な
例文:の悪い客

基本的には「物」の前なら①で使われます。
「人」の前なら②で使われることが多いと思います。

紛らわしいので、②は「タチの悪い」と書くことが多いです。
Q:きりはら』 とはどういう意味ですか?
A: 「きりはら」という名前の屋です。
」は屋がよく使う記号です。
Q:」と「日本食」の読み方は?

「しつ」と「にほんしょく」でしょうか。 とはどういう意味ですか?
A: それであっています。
は「しち」とも読めます。
「しつ」はquality、「しち」はpawn shopです。

「質」の使い方・例文

Q: を使った例文を教えて下さい。
A:
この服は安いのに が良いね☺️!

(この ふくは やすいのに しつが いいね!)
Q: を使った例文を教えて下さい。
A: あのお店は安くてがよいものを売っている

より量というわけではないが、本をたくさん読むことは大切だ
Q: 質的 を使った例文を教えて下さい。
A: does it mean 'qualitatively'?

この予測は質的には正しいが、量的には正しくない。
This prediction is qualitatively right, but quantitatively not.

however, more simple expression may be preferred in casual use.
Q: がいい を使った例文を教えて下さい。
A: - この食器はがいいね
This dished look well.

ただ、「」よりも「quality(クオリティ)」を使う人もいます。

「質」の類語とその違い

Q: と量の二兎を追うには限界がある。 と と量の二兎を追うことには限界がある。 と 「追う」のうしろに「こと」を加えたほうが正しいではありませんか?もし、前項は「動詞+には」なら、後項にはその目的を達成するために必要な条件を述べると思っていますが、よく新聞に「こと」を抜くことが見られます。しかし、例文1には後項の意味が必要の条件ではないと思います。 はどう違いますか?
A: ○引越しするには1人では手が足りない。
✕引越しすることには1人では手が足りない。

○ケーキを食べるにはフォークがいる。
✕ケーキを食べることにはフォークがいる。

○N1に合格するには時間が無い。
✕N1に合格することには時間が無い。

これらはどれも、名詞が後ろの動詞に接続できないので、「こと」が使えません。

逆に

✕大統領の話すには希望が持てる。
○大統領の話すことには希望が持てる。

など、名詞や名詞節しかとらない後件もあるのだと思います。

限界がある、は、名詞も動詞も接続するのだと思います。
どちらも自然な文です。

「質」を翻訳

Q: 重(しつじゅう) は 日本語 で何と言いますか?
A: 「質量(しつりょう)」といいます。
ものの重さのことですよね?
Q: 荷比 は 日本語 で何と言いますか?
A: 質量電荷比(しつりょうでんかひ、mass-to-charge ratio)

「質」についての他の質問

Q: が下がる、減る、落ちる?どっちが正しいですか。
A: 下がる、でも 落ちるでも使えます。
ただし、「」というのは物的な量ではなく、水準とかレベルに近い概念です。
そのため、物が少なくなることを意味する「減る」は違和感を感じます。
Q:が悪い」の読み方なんですか。
教科書で「しつがわるい」と書いてあったけれど、辞書によって「たちがわるい」です。どちらは正しいんですか。
A:)しつ es "cualidad" .     
(たち) o 性(たち) o 性(せいしつ) es "personalidad"
Q: が悪くてもこの教科書を買ったからには、せめて少しだけ使うべきだ。 この表現は自然ですか?
A: この教科書はが悪いけど、買ったからには、せめて少しだけでも使うべきだ。
This is easily understood.
Q:サービス この表現は自然ですか?
A: 高級サービス / 高品サービス が正しいです。と言いたいところなのですが、グーグルで検索すると"高サービス"なる言葉を使っているサイトが散見されます。こういう言葉もあるのかもしれないけど、僕だったら使わないし、耳慣れないな、という印象です。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問