足労の例文や意味・使い方に関するQ&A

「足労」を含む文の意味

Q: 足労 とはどういう意味ですか?
A: 足労(sokurou)=足を使って移動する労力
目上の人に対して、敬意を込めて、来てくれたことに感謝する時に使います。
「わざわざご足労いただきありがとうございます。」
「Thank you for coming all the way with your legs.」

「足労」の使い方・例文

Q: 足労 を使った例文を教えて下さい。
A:足労いただき恐縮です
(わざわざ来ていただき)

足労おかけします

大抵、ご足労の形で使います
Q: 足労 を使った例文を教えて下さい。
A: 本日は、ご足労いただき、誠にありがとうございます。

「足労」についての他の質問

Q: 『ご足労ですが、明日もう一度
おいでいただく必要があります。』

質問が二つあります。
①この文は正しいですか。
②ここに、『足労』の意味は『大変』と同じ意味になりますか?

教えていただけませんか😊
A: ①日本語としては間違っていませんが、「ご足労ですが、明日もう一度おいでいただけるでしょうか。」の方が自然です。理由は、「必要があります」は強制的な感じがして、前半の「ご足労ですが」の相手を敬っている感情と不釣り合いだからです。
②意味は違います。「足労」は他人に足をはこばせること、「大変」は、名詞で「大きな変事・重大なこと・困難なこと」、また副詞で「非常に」を意味します。
ちなみに、現代では「足労」という言葉は使いません。「ご足労をわずらわせますが」の簡略として「『ご足労』ですが」と言います。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

足労

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問