身の例文や意味・使い方に関するQ&A

「身」を含む文の意味

Q: をひかれた。also could you provide kanji for it? context is
 セランはニノスに向かってにこっと笑いかけるが、ちょっと嫌そうな顔でをひかれた。
とはどういう意味ですか?
A: を引かれた。

セランはちょっと嫌そうな顔でニノスにを引かれた。
ニノスはちょっと嫌そうな顔でセランからを引いた。

ニノスはちょっと嫌そうな顔で少し後ろに下がった。
took a few steps backward
backed off a bit
moved back a bit
Q: に付き とはどういう意味ですか?
A: に付く is a verb meaning acquire/get as in ~の習慣がに付く (acquire the habit of ~).
Q: そのに余る とはどういう意味ですか?
A: no need

(・∀・)
Q: は器じゃないだろう とはどういう意味ですか?
A:
は器じゃないだろう
I guess a body isn't a container.

It doesn't made sense, though.
意味をなさないかもしれないけど。
Q: をもたげる とはどういう意味ですか?
A:
嗯,我也不太懂怎么说才好。我想出来是“把自己拿起来”,但也不清这说明好不好。
我觉得妳的解释对,但我怕误会,所以我给妳看一张照片。再确认一下吧。
这样妳懂吗?

「身」の使い方・例文

Q: に余る を使った例文を教えて下さい。
A: 私が大役になるなんてに余る思いです。

社長:よく頑張ってるね。我が社のために頑張ってくれよ。
社員:はい。精進します。に余るお言葉有難うございます。

天皇陛下にお会いできるなんてに余る光栄です。
Q: を粉にする を使った例文を教えて下さい。
A: 例 父は家族を養うためにを粉にして働いた

個人的な意見ですが、もともと「非常に苦労して『働く』」という意味なので、「働く」「仕事する」などの動詞と用いられることが多いように思います。
を粉にして勉強する」「目的地までを粉にしてたどり着いた」などの使い方もできるとは思いますが、「働く」に比べると使われる機会は少ないと思います。人によっては、やや不自然に感じるかもしれません。

似たような意味の言葉に「骨を折る」があります。「努力する。苦労を嫌と思わずに行う」というような意味です。

:)
Q: を使った例文を教えて下さい。
A: あなたのを案じている。

Q: をかわす を使った例文を教えて下さい。
A: ・敵の攻撃からをかわす
・ボールが飛んできたので、とっさにをかわした

あまり、日常では使わない単語です。「よける」、「さける」の方が日常的に使います。
Q: をもって を使った例文を教えて下さい。
A: 熱い鍋には触れない方が良いことををもって知った。
あつい なべ には ふれない ほう が よいこと を み を もって しった。

「身」の類語とその違い

Q: を捧げる と を委ねる はどう違いますか?
A: 捧げる(ささげる)
①[神仏に]
《神に物・祈りを》offer
《いけにえを》sacrifice O
②[真心・人生などを]devote O,dedicate O
を捧げる」: 主に②の意味です。
▼彼女は愛する人にも心もささげた She devoted herself body and soul to the one she loved.

を委ねる」: to leave (my) body to (someone)
▼運命にをゆだねる resign oneself to fate
外科手術(げかしゅじゅつ, surgical operation)は、ある意味、「医師に(自分の体)を委ねる行為」と言えると思います。
Q: と 体 はどう違いますか?
A: 体 (からだ) tends to be used for physical body.
(み) tends to be used for individual personality or role in society.

e.g.
体が大きい。
体が弱い。
学生のではお金が足りない。
音楽にこのをささげる。
Q: につくスキル と につけるスキル はどう違いますか?
A:につくスキル》《につけるスキル》どちらも名詞句です。

これらの違いは《スキル》という名詞をどのような修飾語を使ってるかの違いです。

につく○○
○○をにつける(習得する)ことが目的ではないが、結果的ににつく名詞を修飾するときに使います。

例:事務職の経験からにつくスキルはエクセルやワードだと思う。

につける○○
能動的ににつける名詞を修飾するときに使います。

例:事務職への転職に必要なにつけるスキルはエクセルやワードだと思う。

お力になれば幸いです。
Q: と 者 はどう違いますか?
A:」basically means "physical body".
「者」basically means "person"
But we use both word as various meaning.
Q: と 体 はどう違いますか?
A: I think this would be helpful for you :)
> 体 is a formal expression of 体.
体 means a physical body, is used for individual or personality.

https://hinative.com/en-US/questions/84011

「身」を翻訳

Q: 边的朋友 は 日本語 で何と言いますか?
A: 身近な友達(mijika na tomodachi)

だと思います。
Q: 體健康 は 日本語 で何と言いますか?
A: 你可以说,”健康に気をつけて下さい(ね)”
Q: 請問「為日本混血兒日文卻很差,真的是太丟臉的事情阿!」 は 日本語 で何と言いますか?
A: 日本とのハーフなのに日本語ダメって、マジで恥だよなぁ。
Q: につけておいてください what does it mean は 日本語 で何と言いますか?
A: It says you should wear something or get to learn something in advance.
It depends on the situation.
Q: 為教師和媽媽的我 は 日本語 で何と言いますか?
A: 教師であり母親でもある私
きょうし であり ははおや でもある わたし

「身」についての他の質問

Q: を大切にせずに夜更かしして体調を崩してしまった。

この表現は自然ですか?
A: を大切にせずに夜更かしして体調を崩してしまった。

✖︎

体(からだ)を大切にせずに夜更かしして体調を崩してしまった。
Q: を惜しまずに夜更かしして体調を崩してしまった。

1) この文は自然ですか。
2) 「惜しまずに」の代わりに 「大切にせずに」とか「大事にせずに」を入れ替えればどうですか。
A: "夜更かしして体調を崩してしまった" 굉장히 좋습 니다만
×   を惜しまずに
✓ 骨を惜しまずに
이 경우에는 만으로는 의미가 통하지 않습니다
그리고 骨 는 소중한 몸이라는 의미가 있으며,
소중한 몸을 희생해야 할 것은 좋은것, 착실한 것, 적극적인 것만으로
제한됩니다
✓骨を惜しまずに勉強して
✓骨を惜しまずに働いて
× 骨を惜しまずに酒を飲んで
× 骨を惜しまずに7Luck Casinoに通って
夜更かし는 착실한 것이 아니기 때문에
を惜しまずに과는연결할 수 없습니다.
그러므로
1) ×骨を惜しまずに夜更かしして体調を崩してしまった。

그리고
2) 모두 안됩니다
는 소중히 할것도 간직할것도 아쉬워하는 것도 할 수없어서
할 수있는 것은 아끼지 않을 것뿐만입니다.

×骨を大切にせずに夜更かしして体調を崩してしまった。
×骨を大事にせずに夜更かしして体調を崩してしまった。

✓骨を惜しまずに働いて体調を崩してしまった。
✓体を大切にせずに働いて体調を崩してしまった。
✓体を大事にせずに働いて体調を崩してしまった。
✓体を大事にしながら働いて体調を崩さなかった。
체라면 소중히하고도 소중히하지 않아도 됩니다.
Q: What is the difference between and 体、and in which context should I use each of them?
A:
I think this would be helpful for you^^
体 is a formal expression of 体.
体 means a physical body, is used for individual or personality.

https://hinative.com/en-US/questions/84011
Q: にとってありがたき幸せです。 この表現は自然ですか?
A: 私にとってありがたき幸せです。
Q:が引き締まる」 はどういう意味ですか?
「緊張する」 と同じ意味ですか?
ご返答、お願いします
A: 何かに影響を受けたり、何かをきっかけに反省したりして、「気持ちを新たにする」「気合いが入る」というように意味です。

「緊張感を持って頑張る」というような意味合いもあります。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問