追認の例文や意味・使い方に関するQ&A

「追認」を含む文の意味

Q: 追認 とはどういう意味ですか?
A: 基本的に、
「過去にさかのぼって(事後的に)何らかの事柄を認めること」
≪ratification(confirmation) after a fact or a behavior≫
という意味のある言葉ですが、しばしば、法律上の用語として、使われます。
法律行為では、それに「関与する者の意思【A】」が重要ですが、
実社会では、Aが不全なまま為される法律行為も少なくありません。
そこで、法律には、
Aが不全なままで為された法律行為に対する
さまざまな仕組みが設けられています。
その1つに「追認(ついにん)」があります。
追認」は、
Aが不全なまま法律行為が為された際、
事後的にAを補完することです。
(その詳細につきましては省略させて頂きますが、)
追認により、不全だったAが補完され、法律行為が成立することになります。
(その場合の法律的な効果等につきましても特に触れませんが、)

法律行為時には不全だった当事者の意思を事後的に補い、
法律行為を成立させる際に使われる、法律上の用語です。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

追認

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問