針の例文や意味・使い方に関するQ&A

「針」を含む文の意味

Q: が振れる。
とはどういう意味ですか?
A: 数値を計測するための装置についたが左右に動くこと
Q: を刀にして とはどういう意味ですか?
A: 一寸法師は小さいので、ふつうの大きさの刀が差せません。
そこで、自分の体の大きさに合った(裁縫で使う) needleを自分の刀にした、という意味です。
Q: 5の縫合 とはどういう意味ですか?
A: 手術で5縫うこと。
フランケンシュタインの顔は50の縫合😱
Q: のムシコに座るのはオレ一人で充分だ とはどういう意味ですか?
A: ムシコ is incorrect. ムシロ is correct.
I should be the only one to sit on thrones.

「針」の類語とその違い

Q: の目 と の穴 はどう違いますか?
A: の目。
Q: と 鍼 はどう違いますか?
A:
= needles (general) e.g. ミシンの、注射器の
鍼 = Acupuncture. e.g. 鍼治療
Q: と 注射 はどう違いますか?
A: ➡needle 注射➡injection
Q: 治療 と 術 はどう違いますか?
A:)治療→(acupuncture) therapy

術→technics

「針」を翻訳

Q: 對 は 日本語 で何と言いますか?
A: に対して
Q: は 日本語 で何と言いますか?
A: QAの全文をご確認ください
Q: は 日本語 で何と言いますか?
A: QAの全文をご確認ください
Q: は 日本語 で何と言いますか?
A: 注射を打つ
(ちゅうしゃをうつ)
Q: は 日本語 で何と言いますか?
A: @stella1386: 注射を打つ。

「針」についての他の質問

Q: が刺すように 足が痛んだ
1、ん の意味は何 同じ例を挙げていただきますか
A: It's a past tense of 痛む.
喜ぶ→喜んだ
悲しむ→悲しんだ
Q:持つ暇のわが手わざ、ただにむなしき心地する」という文の最初のところをよく理解できません。
「私の手わざ」というのは、「仕事」自体の「手わざ」ですか。あるいは、「仕事くらいできる暇ができる度に、(仕事ではなく、例えば詩を書くなど)私がやっていたこと」という意味なのでしょうか。
よろしくお願いします。

(理解できないのは、この一か所だけです。あとは全部分かりました。)
A: 「わが手わざ」とは、「詩を書くこと」だと思います。この後の節で、「とにかくにむなしきわざと知りながら、」とありますよね?これと同じことを言っているのです。
みすゞは、当時の普通の女性なら秋の夜長に当然したであろう針仕事をせずに、その代わりにもっぱら詩を書いていたのです。そして自分の詩作を「むなしき心地」「むなしきわざ」と形容しています。なぜ「むなしい」と言っているのか、それは私にはちょっとよく分かりませんが。針仕事をしていないことへの後ろめたさなのか、それとも自身の詩自体に自信が持てなかったのか…。
Q: が静脈に侵入すると、突然血小板は現場に移動してきて、集まって、やっとかためます。 この表現は自然ですか?
A: が静脈に入ると、すぐに血小板が集まってきて固まります。
Q: Does the English translation of mean "needle" or "acupuncture"?
A: is needle.

"acupuncture" is 鍼,which is also pronounced はり

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問