錐の例文や意味・使い方に関するQ&A

  • 「錐」を含む文の意味

    1. 文の意味
    2. 使い込んで先が丸くなった(きり)の事。経験豊かな歳をとった僧侶。 先が丸くなるくらい、使い込んだとしては役に立たないけれど、それを使い古しと見るか「円熟している」見るか?同様に、老僧をただの年寄りと見るか、若い僧侶の鋭さはないが経験や人生を長く深く味わって来た豊かさがある人と見るか? つまり、古く使い込まれたものや、年老いた人にに対し、悪い面ばかりを見ず、古いからこそ現れる良い面を見ようという思想ではないでしょうか。

  • 「錐」を翻訳

    1. 翻訳
    2. ボテムス パンツ

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

錐の前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。