開始の例文や意味・使い方に関するQ&A

「開始」を含む文の意味

Q:開始する」 とはどういう意味ですか?
A: it means to start something

勉強会を開始する
to start a study group
Q: 開始に入る とはどういう意味ですか?
A:
It means “let’s begin” or “let’s get started”, I think
Q: 開始まで とはどういう意味ですか?
A: Until it starts

「開始」の使い方・例文

Q: 開始 を使った例文を教えて下さい。
A: 勉強(べんきょう)を開始する。

開始は、あまり日常(にちじょう)で言葉(ことば)にださない気がします。読む(read)時には、とてもたくさん見かける感じです。

例えば、
テスト(test)の時に「解答、開始」など、

火山活動(かざんかつどう)が開始された
など、ありますね。
Q: 開始 を使った例文を教えて下さい。
A:
もうすぐ試験開始時間だ。
試合を開始する。などなど
Q: 開始、始動、起動
何が違う? を使った例文を教えて下さい。
A: その大会は元旦から開始される。
億単位のプロジェクトが始動している。
パソコンを再起動した。

「開始」の類語とその違い

Q: 開始する と 始める はどう違いますか?
A: The grammatical difference:
開始する = 開始 + する = Noun + verb
while
始める is a single verb.

The difference in usage:
開始する is a 書き言葉 while 始める is a 話し言葉 so 開始する gives the nuance that stuffy or rigid than 始める. Some people would explain the nuance difference with the contrast which is "Formal vs Casual".
Q: 開始 と 始める はどう違いますか?
A:開始」は、名詞です。「始める」は、動詞です。基本的な意味は同じです。

授業を開始する。
授業を始める。

作業を開始する。
作業を始める。

でも、口語では「始める」を使うほうが多い気がします。




Q: 開始する と 始める はどう違いますか?
A: Differences between 開始する and 始める is object.
開始する is for events (noun) and 始める is for events (noun) and actions.
For example...
開始する(始める)= Start the exam. Start a meeting. Open an attack.
開始する is more formal than 始める.】
・始める= Stark working. Begin to talk about it. Start doing homework.
Q: 開始する と 始める はどう違いますか?
A: Basically both words are same means.
開始する is tend to be literally style and 始める is tend to be spoken language.
Q: 開始する と 始める はどう違いますか?
A:開始する」は自動詞と他動詞の両方で使うことができますが、「始める」は他動詞のみです。
他動詞の場合、意味は同じですが、「開始する」のほうがやや文章語的です。
(自動詞の例)
注目の試合が開始した。(=注目の試合が始まった。)
(他動詞の例)
これから試合を開始します。=これから試合を始めます。

「開始」を翻訳

Q:開始まであと5分です」と「開始まであと5分間です。」と、どちらが正しいでしょうか。 は 日本語 で何と言いますか?
A:開始まであと5分です」の方が自然です。
「5分間」を使う場合は、「開始まであと5分間あります」とすると自然です。
Q:開始存錢了 之後要帶牙套用日語怎麼說? は 日本語 で何と言いますか?
A:
お金を貯(た)めて、歯の矯正(きょうせい)をしなくちゃ。

帶牙套=歯の矯正
Q: 開始會嫌我了嗎? は 日本語 で何と言いますか?
A: 私が嫌になった?
Q: 開始/開始吧/那我們開始吧 は 日本語 で何と言いますか?
A: 始めます/始めましょう/じゃあ、始めましょう
Q: 下禮拜又要開始下雨了 は 日本語 で何と言いますか?
A: 来週また雨始まります

「開始」についての他の質問

Q: 1、開始のベルがなる前で、このように説めしました。
2、今から問題用紙と解答用紙を配ります。すぐ書き始めてはいけません。
3、始める合図があるまで、試験を開けてはいけません。
4、注意事項を言いますから、名前を書いて鉛筆を必ず使います。
5、試験中、話と教科書などをしないでください。
6、カンニングをしたら、資格を取り消します。
7、問題用紙と解答用紙は一緒に出してくだしい。持ち帰ってはいけません。
8、時間を伸ばすことはできまないで、必ず時間を守ってください。
9、答案が汚くなったところは気をつけてください。試験の結果はコンピュータで統計します。
10、印刷がはっきりしてないところはしてもいいです。その時は手をあげます。
11、メモをとってもいいですが、規定の時間がある、よく考えながら書いてください この表現は自然ですか?
A: 1、開始のベルがなる前に、このように説明しました。
2、今から問題用紙と解答用紙を配ります。すぐ書き始めてはいけません。
3、始める合図があるまで、試験問題を開いてはいけません。
4、注意事項を言いますから、名前を書いてください。必ず鉛筆を使います。
5、試験中、話をしたり教科書などを見たりしないでください。
6、カンニングをしたら、資格を取り消します。
7、問題用紙と解答用紙は一緒に出してください。持ち帰ってはいけません。
8、時間を伸ばすことはできませんので、必ず時間を守ってください。
9、答案が汚くなったところは気をつけてください。試験の結果はコンピュータで統計します。
10、印刷がはっきりしてないところは質問してもいいです。その時は手をあげます。
11、メモをとってもいいですが、規定の時間があるので、よく考えながら書いてください
Q:開始」と「開幕」と「幕開け」はどのように違いますか?
A:開始」は、何かを始めることを意味します。「始める(動詞)」や「始まり(名詞)」で言い換えても、意味は変わりません。

「開幕」は、舞台の幕が開くことです。そこから、観客が居るものが始まる場合、たとえばスポーツの試合などについても使われるようになりました。逆に言うと、観客が存在しないもの、たとえば一人で日本語の勉強を始めることを「勉強が開幕する」のように言うのは不適切です。

「幕開け」は名詞です。意味は「開幕」と同じですが、動詞として使うことはありません。動詞としては「幕が開ける」と言えます。ただし現在「幕開け」は、舞台が始まることを表す時にはめったに使われず、ほとんどの場合比喩的な意味で使われるように思います。

例:
料理を開始する。
勉強を開始する。
テストの開始(時刻)は 5分後です。

わくわくしながら席に座っていると、ようやく舞台が開幕した。
明日、オリンピックが開幕します。
オリンピックの開幕がいよいよ明日に迫りました。

その出来事は、新しい時代の幕開けを飾るにふさわしいものだった。
Q: Do the phrases "エベントの開始は午後3時半ごろに起こる" and "午後3時半ごろには、エベントの開始が起こる" have the same meaning? ("The start of the event will occur at around 3:30 PM")
A: it's unnutural‥
we don't say "イベントが起こる"
エベント → イベント

・イベントの開始は午後3時半(ごろ or ぐらい)です。
・午後3時半(ごろ or ぐらい)には、イベントが始まります。

like that.

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

開始

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問