際立つの例文や意味・使い方に関するQ&A

  • 「際立つ」の類語とその違い

    1. 類語
    2. 際立った」は、主に「目立つぐらい優れた」という意味で使われるので、単なる「優れた」よりも複雑な意味を持っています。私の感覚では、「際立った」の方がより強い意味を持っているように思います(全く個人的な見解ですが)。基本的に、「優れた」と「際立った」は互換可能です。たとえば、以下の2つはどちらも自然で、ほぼ同じ意味です。 ○優れた才能 ○際立った才能 ただし、「際立った」には単に「目立っている」または「はっきりした」というような意味もあるので、このときは「優れた」を代わりに使うことはできません。 ○際立った違い ×優れた違い

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

際立つの前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。