霊魂の例文や意味・使い方に関するQ&A

「霊魂」の類語とその違い

Q: 霊魂 と 魂魄 と 幽霊 と お化け はどう違いますか?
A: They are often confused especially お化けand 幽霊。Originally お化け is a monster. 幽霊 is a ghost.

霊魂 is human being's essence. real ourselves.

魂魄(こんぱく) is aChinese idea. according to this idea, a human has 魂 and 魄 inside. When a human died and had a strong emotion to this world, 魄(はく) remains in this world and 魂 in the Down Below.
Q: 霊魂 と 魂 と 幽霊 と 魂魄 と 精霊 はどう違いますか?
A: 難しい質問です。日本人でもなかなか答えられないでしょう。
幽霊はGostです。
精霊は「木の精霊」のように使います。この場合は、木のエネルギーを人格化して捉えていると言えるでしょう。精霊は幽霊と違って、良いイメージで語られることが多いです。
魂はSpiritで良いと思います。
霊魂と魂魄を説明するのが難しいですね。
霊魂は魂と同じに捉える場合もありますが、私見では、魂は生きている肉体にも宿るもので、霊魂は黄泉(死後)の世界の魂を指すように思います。
魂魄は神道的、あるいは仏教的概念ではないでしょうか。魂と魄は別のものです。調べてみました。「魂は精神を支える気で、魄は肉体を支える気を指す」と書いてあるものが有りました、これが魂魄のひとつの概念だと思います。霊魂と魂魄は、その人の専門分野によって捉え方に違いがあるのではないかと思います。

「霊魂」についての他の質問

Q:霊魂は存在するのですか。」怨霊について講義すると、必ず受ける質問である。この問に対しては①正直答えに窮するのであるが、「あると思う人にはあり、ないと思う人にはない」と答えることにしている。私は霊魂の存在の有無について、現代の「科学的」視点から論じようとしているのではない。前近代社会においては、霊魂が存在することは社会上の通年であり、そのため怨霊が存在することについても広く認識されていた。しかし、観念の世界においては、人々がみなおしなべて同じように認識するということはないのであり、ある事象が起きたとき、それを怨霊が原因だと積極的に認識する人もいれば、他の要因に帰結させようとする人もあって、千差万別であることはいつの時代でも同様である。
怨霊は、怨霊だけ見ればわかるのではなく、当時の神観念と密接に関わっている。中世日本は「神国」であり、何にも優先して神意が選られた?(原文もはっきり見えない)。しかし、中世日本の神は絶対的な存在ではなく、汗も流すし血も流す「②人間くらい」存在であった。現代人にとっては当たり前の事ながら、神は人が創り出した存在であることを中世の人々も認識していたのである。
それが戦国時代になると、神のことは次第に考慮されなくなっていく傾向にある。神は「手段」として用いられ、③現代人とほとんど同じ神観念を持つようになってくる。( ④ )容易に人が神に転化することができるようになった。豊臣秀吉が神とされたことにより、現世において秀でた偉業を成し遂げた人物が死後に神として崇められる道が開かれた。
それ以前は、人が神としてまつられるのは、怨霊として人々から恐れられたことにより、神として祀って鎮魂を願うためであり、神と人との間には( ⑤ )区別があった。優れた人物を神として祀る例もないことはないが、きわめてまれな例外と言って良い、神が「人間くらい」存在であっても、人が容易に神になることはできなかったのである。

下線部「③現代人とほとんど同じ神観念」にあるような現代人が持つ神観念(神に対する認識)とは具体的にどのようなことか。文中から最も適当な部分を20文字以内(句読点も含む)で抜き出してはじめの3文字と終わりの3文字を記しなさい。
A:



ミスプリントがありますね
(2)は、人間くさい、でしょう。
下のほうに、もうひとつ


問題の答えを知りたいのですか?

「神は人が造り出した存在であるー」

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

霊魂

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問