非常勤の例文や意味・使い方に関するQ&A

  • 「非常勤」と類似する言葉 その違い

    1. 類似する言葉
    2. 「非正規」は、雇用期間が限定されている雇用形態のことを指します。たとえば、期間限定で雇用される人であれば、フルタイムで働いていても非正規雇用です。 「非常勤」は、日時を限定した労働形態で雇用することです。ただ、一般に「非常勤」は特定の資格や能力に基づいて働く人(講師や医師など)に使うことが多く、一般的な作業を行う場合は「パートタイム」ということが多いと思います。

    1. 類似する言葉
    2. ほぼ同じです。パートタイム、短時間労働者も同義語です。ただ、高校生や大学生がレストランやカフェで働くことを非常勤とは言いません。非常勤は特別な技能を持った人に対して使われる傾向にあります。(医師、弁護士、講師など)そうでないこともありますが。 ◯私はコンビニでアルバイトをしている。 ◯彼女はアルバイトの面接を受けた。 ◯彼は非常勤医師として働いている。 ◯彼女は産後、常勤ではなく非常勤として働いている。

    1. 類似する言葉
    2. 非常勤は、常勤職員より短い時間勤務することです。例えば、常勤職員が1日8時間勤務の会社で1日5時間勤務する人は非常勤職員です。 正規の職員は一般的に定年まで働けますが、非正規職員は例えば一年間など、雇用期間が決まっていたり、福利厚生などの待遇が正規職員ほど充実していません。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

非常勤の前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。