麓の例文や意味・使い方に関するQ&A

「麓」を含む文の意味

Q: まで鵯越もかくやの急坂になっている とはどういう意味ですか?
A: 要するに「までの下り道がめちゃくちゃ急だ。」ってことです。

」と言うのは山と地面の境界線辺りのことで、「鵯越」というのは急な斜面で有名な日本の場所の名前です。「かくや」と言うのは、簡単に言うと「のような」「みたいな」のような意味です。なので、そのまま分かりやすく直すと「までの斜面はまるで鵯越みたいに急な坂だ。」みたいな感じです。

「麓」についての他の質問

Q: は「山の下」ですか「山の腹」ですか?
A: は「山の下」です。
Q: から山頂まで片道約三時間かかりますが、木の種類が多く、紅葉の美しさは全国的に知られています。 この表現は自然ですか?
A: 全部合っていて素晴らしいです☺️一応録音してみたのでよかったらイントネーションの参考にしてください。
Q: 山荘、杜の花壇、安積野広場 の読み方を教えてください。
A: 左から
はやまそう、もりのかだん、あづみのひろば
ですよ

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問