Question
Updated on
Deleted user
3 Jul 2020

Question about Japanese

Hello, I saw this Reddit post and decided to translate in Japanese, could you check my work?

**It's very long, so you don't have to fix it all, I understand :)*
*I got some words from a dictionary, and some of the words the post uses are a bit hard but don't be afraid to ask*

昨日の夜、新しい仕事からの奥さんの上司が夕食に誘ってくれた。そこに行く途中に、奥さんに好印象を作ることがどのぐらい大事のかいっぱい言われた。

私は嘲って、馬鹿らしい奥さんにいつも好印象を作ると言った。
奥さんの上司は五十代で独身女性で、三人だけだった。サラダとドリンクと喋って本当に楽しそうだった。奥さんの上司はタイムリーで完璧に相応しい冗談で笑って、奥さんが嬉しそうだった。

あと奥さんの上司はメインディッシュを持ってきて、みんなへの大きくて美味しそうなステーキだ。私はステーキを切りながら、どのぐらい生だったか気づいてがっかりした。

レアなステーキは結構見たことがあった。ミディアムレアが好きだけど、レアに耐えられる。これはグリルでのいくつか分のレアだった。多分あの牛が甦れた。代わりに、そこで座ってナイフとフォークをいじって、どうやってそのステーキを食べなくていいか心配している。
ビーガンだと主張したら?いや、もうステーキを見て大きく熱心だった。

その時、上司はデザートの準備をするのに台所に辞した。3階のアパートの素敵な食堂の開いている窓を見回しながら、頭の上で漫画からの電球が現れた。
今にも上司は帰られるのを気づいて決定的にしなきゃいけなかった。コミットした。手でステーキを取って、そっと汁を揺れて、完璧に開いている窓の中に投げた。これからは大きい間違い。その窓は開いてなかった。今まで見た窓の中で一番きれいな窓だった。それは、ほとんど生なステーキが窓を打って、ゆっくり汁の跡を残しちゃった。

ステーキがいいミディアムレアで、窮地が知らなかった奥さん振り返って、びっくりして、私が他の惑星の宇宙人みたいに眺めた。で、その目つきはゆっくり「お前はこの惑星で隠せるところがない」という悪魔の表情に変わった。奥さんの上司はステーキが窓を打った音を聞いて、早く来た。シーンを気づいて、窓に座っているステーキで、汁の跡で、私の虚しい皿で、それから混乱した目つきで眺められた。

何を言えばいいか分からなかった。沈黙の分感じがしたけど、多分3、4秒だった。ついに一番言える言葉は「ご、ごめんなさい。本当に不器用です・・分かりません・・切って、落としてまった・・奥さんに聞いてください・・本当に不器用でしょう?(その方から全然手伝いはない)掃除します・・信じられません・・ごめんなさい」とか・・とか・・

二人とも私がルーニービンから逃げたみたいに眺め続けられながら私が窓にステーキの汁をナプキンで掃除してステーキを払って、おかしい説明を呟来続けた。誰も話を信じてなかった。
何をすればいいか分からなかった。おどおどして席に帰って、その嫌らしくて、冷たくて、シコシコして、血塗れで生なステーキを全部食べた。
残りの夜は結構静かにいていた。事故以来奥さんのだけの二つ言葉は「大丈夫」

Last night, my wife's boss from her brand new job invited us over for dinner. On the drive over, my wife reiterated many times to me just how important it was to make a good impression.

I scoffed and arrogantly informed my silly wife that I always make good impressions.
My wife's boss is a single lady in her fifties, so it was just the three of us. We chitchatted over drinks and salads and seemed to really be hitting it off. She laughed at my well-timed, perfectly-appropriate jokes and my wife seemed pleased.

Soon she brought out the main course, a nice big juicy steak for each of us. As I began to cut into my steak, I was discouraged to discover how under cooked this steak was.

Now, I've had my fair share of rare steak. I prefer medium, but I can handle rare. This was several-minutes-on-a-hot-grill short of rare. I probably could've resuscitated the cow had I tried. Instead, I sat there fidgeting with my knife and fork, worrying about how I was going to get away with not eating this steak.
Claim vegan-ism? No, I'd already feigned great enthusiasm upon seeing the steak.

Just then, our hostess excused herself to the kitchen to take care of some dessert preparations. As I looked across the fancy dining room table at the open window of this 3rd story apartment... a cartoon light bulb appeared over my head.
I knew I had to be decisive, realizing that she could return at any moment. I committed. I grabbed the steak with my hand, gently shook off the juice and executed a perfect throw right through the center of the open window.
Here's the big time FU. The window wasn't open. It was the cleanest fricking window you've ever seen in your life. That is, until my mostly raw slab of steak slammed up against it and slowly slid down leaving a trail of bloody juice in its wake.

My wife - who's steak was a nice medium rare and was unaware of my predicament - turned, jaw dropped, and stared at me like I was an alien from another planet. This look then slowly morphed into more of a there-is-no-place-on-this-planet-you-can-ever-hide-from-me expression of demonic anger.
My wife's boss heard the thud of the steak-on-window impact and came quickly. She took in the scene, the steak sitting on the window sill, the blood trail, my empty plate, and then gave me an inquisitive, puzzled look.

I just didn't know what to say. It felt like a minute of silence, but was probably 3 or 4 seconds. Finally, the best I could manage was "I... I'm so sorry. I am such a clutz... I don't know... I was just cutting it.. and... it... ... it slipped... just ask my wife, I really am a clutz... right honey?... (no help coming from that direction) ... I will clean this up... I can't believe this... I am so sorry" etc... etc...
Both women continued to stare at me like I had escaped from the loony bin, as I smeared the blood around the window with my cloth napkin, dusted off the steak, and continued to mutter my incoherent explanation. I knew no one was buying the story.

I knew what I had to do. I sheepishly returned to my seat and proceeded to eat every bite of that disgusting, cold, chewy, bloody, raw steak.
I remained pretty quiet the rest of the evening. My wife's only two words to me since the incident are "I'm fine".
Answers
Read more comments

  • Japanese
Deleted user

[News] Hey you! The one learning a language!

Share this question
Hello, I saw this Reddit post and decided to translate in Japanese, could you check my work?

**It's very long, so you don't have to fix it all, I understand :)*
*I got some words from a dictionary, and some of the words the post uses are a bit hard but don't be afraid to ask*

昨日の夜、新しい仕事からの奥さんの上司が夕食に誘ってくれた。そこに行く途中に、奥さんに好印象を作ることがどのぐらい大事のかいっぱい言われた。

私は嘲って、馬鹿らしい奥さんにいつも好印象を作ると言った。
奥さんの上司は五十代で独身女性で、三人だけだった。サラダとドリンクと喋って本当に楽しそうだった。奥さんの上司はタイムリーで完璧に相応しい冗談で笑って、奥さんが嬉しそうだった。

あと奥さんの上司はメインディッシュを持ってきて、みんなへの大きくて美味しそうなステーキだ。私はステーキを切りながら、どのぐらい生だったか気づいてがっかりした。

レアなステーキは結構見たことがあった。ミディアムレアが好きだけど、レアに耐えられる。これはグリルでのいくつか分のレアだった。多分あの牛が甦れた。代わりに、そこで座ってナイフとフォークをいじって、どうやってそのステーキを食べなくていいか心配している。
ビーガンだと主張したら?いや、もうステーキを見て大きく熱心だった。

その時、上司はデザートの準備をするのに台所に辞した。3階のアパートの素敵な食堂の開いている窓を見回しながら、頭の上で漫画からの電球が現れた。
今にも上司は帰られるのを気づいて決定的にしなきゃいけなかった。コミットした。手でステーキを取って、そっと汁を揺れて、完璧に開いている窓の中に投げた。これからは大きい間違い。その窓は開いてなかった。今まで見た窓の中で一番きれいな窓だった。それは、ほとんど生なステーキが窓を打って、ゆっくり汁の跡を残しちゃった。

ステーキがいいミディアムレアで、窮地が知らなかった奥さん振り返って、びっくりして、私が他の惑星の宇宙人みたいに眺めた。で、その目つきはゆっくり「お前はこの惑星で隠せるところがない」という悪魔の表情に変わった。奥さんの上司はステーキが窓を打った音を聞いて、早く来た。シーンを気づいて、窓に座っているステーキで、汁の跡で、私の虚しい皿で、それから混乱した目つきで眺められた。

何を言えばいいか分からなかった。沈黙の分感じがしたけど、多分3、4秒だった。ついに一番言える言葉は「ご、ごめんなさい。本当に不器用です・・分かりません・・切って、落としてまった・・奥さんに聞いてください・・本当に不器用でしょう?(その方から全然手伝いはない)掃除します・・信じられません・・ごめんなさい」とか・・とか・・

二人とも私がルーニービンから逃げたみたいに眺め続けられながら私が窓にステーキの汁をナプキンで掃除してステーキを払って、おかしい説明を呟来続けた。誰も話を信じてなかった。
何をすればいいか分からなかった。おどおどして席に帰って、その嫌らしくて、冷たくて、シコシコして、血塗れで生なステーキを全部食べた。
残りの夜は結構静かにいていた。事故以来奥さんのだけの二つ言葉は「大丈夫」
Related questions
Similar questions
Recommended Questions
Topic Questions
Newest Questions
Previous question/ Next question