質問
2021年11月30日

  • 英語 (アメリカ)
  • ドイツ語
  • 日本語
日本語 に関する質問

Why is も used in this sentence in the way that it's used?
国では、うめぼし、のりなどを見たことも聞いたこともありませでした。

も is used to put emphasis on some things, right? Like numbers, quantity, distance or frequency. Also for things like 何も or 誰も

If that is the case, then can anyone explain to me why も can be used directly after a noun, that has nothing to do with quantity or numbers like in this sentence? Why can I say 見たことも聞いたこともない。

Why is it not: 見たこと と 聞いたこと が ない。?

And if that would be valid, what are the differences between
見たことも聞いたこともない。
見たことと聞いたことがない。
回答
この質問をシェアする
過去のコメントを読み込む

  • 日本語

  • 英語 (アメリカ)
  • ドイツ語

  • 日本語

  • 日本語

  • 日本語

  • 英語 (アメリカ)
  • ドイツ語

  • 英語 (アメリカ)
  • ドイツ語

  • 日本語

  • 日本語

  • 英語 (アメリカ)
  • ドイツ語

  • 日本語

  • 英語 (アメリカ)
  • ドイツ語
[PR] HiNative Trekからのお知らせ

この質問をシェアする
似ている質問
新着質問
話題の質問
オススメの質問