Question
17 August

  • English (US)
  • Japanese
Question about Japanese

『「それなりに英語が話せる」、「それなりに作業が進んでいます」など、「思っているより、想像しているよりできる、進んでいる」と、数がプラスか、良い状況であることを表現する時にも、使うことがあります。』では、『数がプラスか、良い状況であることを表現する』には違和感があります。『数がプラスか、良い状況であることを表現する』は『数が、(プラス、あるいは、良い状況)であることを表現する』と同じですか?
それとも、『(数がプラスであること)、あるいは、(良い状況であること)を表現する』と同じですか?

Answers
Read more comments

  • Japanese

  • English (US)

  • Japanese

  • English (US)

  • Japanese

  • English (US)

  • Japanese

  • English (US)

  • Japanese

  • English (US)

  • Japanese

  • English (US)

  • Japanese
[News] Hey you! The one learning a language!

Share this question
『「それなりに英語が話せる」、「それなりに作業が進んでいます」など、「思っているより、想像しているよりできる、進んでいる」と、数がプラスか、良い状況であることを表現する時にも、使うことがあります。』では、『数がプラスか、良い状況であることを表現する』には違和感があります。『数がプラスか、良い状況であることを表現する』は『数が、(プラス、あるいは、良い状況)であることを表現する』と同じですか?
それとも、『(数がプラスであること)、あるいは、(良い状況であること)を表現する』と同じですか?
Recommended Questions
Topic Questions
Newest Questions
Previous question/ Next question